Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カルロ・アルベルト・ピッツィーニ(Carlo Alberto Pizzini、1905年3月22日 - 1981年9月8日)は、イタリアの作曲家、指揮者。ローマ出身。聖チェチーリア音楽院でオットリーノ・レスピーギに学んだ。さらにピエトロ・マスカーニの知遇を得て師事した。在学中から指揮者として活動し、また1923年からイタリア著作者出版者協会の会員となった。1942年には聖チェチーリア音楽院の教員に就任した。1966年からはボローニャ音楽院の教壇にも立ち、1973年には聖チェチーリア音楽院の副学長に選出された。また1945年からはイタリア放送協会(RAI)の音楽監督となり、RAI国立交響楽団を率いてローマ、ミラノ、トリノ、ウィーン、ブリュッセル、モントリオール、モナコ、東京、アテネ、テッサロニキ、エルサレム、ルガーノ、ジュネーヴなど各地で指揮をした。1949年にはレジオンドヌール勲章を、1955年にはドイツ連邦共和国功労勲章を受章した。またジュネーブ国際音楽コンクール、チャイコフスキー国際コンクールなどの審査員も務めた。作品は室内楽曲、合唱曲、映画音楽、付随音楽、ラジオ音楽、テレビ音楽などあらゆる分野にわたっている。管弦楽曲には交響的三部作「ピエモンテ」、オルガンと弦楽オーケストラのための「アンダンテ」、ギター協奏曲「三姉妹」、「アテネ序曲」などがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2237598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54662711 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カルロ・アルベルト・ピッツィーニ(Carlo Alberto Pizzini、1905年3月22日 - 1981年9月8日)は、イタリアの作曲家、指揮者。ローマ出身。聖チェチーリア音楽院でオットリーノ・レスピーギに学んだ。さらにピエトロ・マスカーニの知遇を得て師事した。在学中から指揮者として活動し、また1923年からイタリア著作者出版者協会の会員となった。1942年には聖チェチーリア音楽院の教員に就任した。1966年からはボローニャ音楽院の教壇にも立ち、1973年には聖チェチーリア音楽院の副学長に選出された。また1945年からはイタリア放送協会(RAI)の音楽監督となり、RAI国立交響楽団を率いてローマ、ミラノ、トリノ、ウィーン、ブリュッセル、モントリオール、モナコ、東京、アテネ、テッサロニキ、エルサレム、ルガーノ、ジュネーヴなど各地で指揮をした。1949年にはレジオンドヌール勲章を、1955年にはドイツ連邦共和国功労勲章を受章した。またジュネーブ国際音楽コンクール、チャイコフスキー国際コンクールなどの審査員も務めた。作品は室内楽曲、合唱曲、映画音楽、付随音楽、ラジオ音楽、テレビ音楽などあらゆる分野にわたっている。管弦楽曲には交響的三部作「ピエモンテ」、オルガンと弦楽オーケストラのための「アンダンテ」、ギター協奏曲「三姉妹」、「アテネ序曲」などがある。
rdfs:label
  • カルロ・アルベルト・ピッツィーニ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of