Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カルボニルシアニド-p-トリフルオロメトキシフェニルヒドラゾン(Carbonyl cyanide-p-trifluoromethoxyphenylhydrazone、FCCP)は、移動性イオンキャリアであるイオノフォアの一つ。酸化的リン酸化に使うエネルギーを供給する前に、細胞膜を通して水素イオンを輸送させることによってATP合成を阻害する脱共役剤の一つである。ニトリルとヒドラゾンの部分を持つ。
dbpedia-owl:imageSize
  • 270 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 2-4-(トリフルオロメトキシ)フェニル]ヒドラジニリデン]プロパンジニトリル
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1546492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54230049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Carbonyl cyanide-p-trifluoromethoxyphenylhydrazone.svg
prop-ja:imagesize
  • 270 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カルボニルシアニド-p-トリフルオロメトキシフェニルヒドラゾン(Carbonyl cyanide-p-trifluoromethoxyphenylhydrazone、FCCP)は、移動性イオンキャリアであるイオノフォアの一つ。酸化的リン酸化に使うエネルギーを供給する前に、細胞膜を通して水素イオンを輸送させることによってATP合成を阻害する脱共役剤の一つである。ニトリルとヒドラゾンの部分を持つ。
rdfs:label
  • カルボニルシアニド-p-トリフルオロメトキシフェニルヒドラゾン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of