Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カルノシン (carnosine) はβ-アラニンとヒスチジンからなるジペプチドである。構成するヒスチジンの立体異性により、L-カルノシンとD-カルノシンが存在するが、天然のものはすべてL-カルノシンである。L-カルノシンのIUPAC組織名は N-β-アラニル-L-ヒスチジン N-β-alanyl-L-histidine である。カルノシンはヒトなどの哺乳類では、筋肉や神経組織に高濃度に存在している。鳩やアヒル、鯨などの一部の動物において N-メチルカルノシン (アンセリン)あるいはバレニンが多く見られる。生体内において酸化的ラジカル種のラジカルスカベンジャーとして働き、酸化的ストレスから保護しているといわれている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • (2S)-2-[(3-Amino-1-oxopropyl)amino]-3-(3H-imidazol-4-yl)propanoic acid
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 918662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2412 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57102725 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Carnosine-2D-skeletal.png
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • -2 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • β-Alanyl-L-histidine
prop-ja:verifiedrevid
  • 414049227 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カルノシン (carnosine) はβ-アラニンとヒスチジンからなるジペプチドである。構成するヒスチジンの立体異性により、L-カルノシンとD-カルノシンが存在するが、天然のものはすべてL-カルノシンである。L-カルノシンのIUPAC組織名は N-β-アラニル-L-ヒスチジン N-β-alanyl-L-histidine である。カルノシンはヒトなどの哺乳類では、筋肉や神経組織に高濃度に存在している。鳩やアヒル、鯨などの一部の動物において N-メチルカルノシン (アンセリン)あるいはバレニンが多く見られる。生体内において酸化的ラジカル種のラジカルスカベンジャーとして働き、酸化的ストレスから保護しているといわれている。
rdfs:label
  • カルノシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • β-Alanyl-L-histidine
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of