Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カルニチン(carnitine)とは、生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体である。立体異性体のうち脂質代謝に利用されるのは L-カルニチンのみであり、エナンチオマーのD-カルニチンは活性がないとされている。日本においては、食品分野で利用されるL-カルニチン、希少疾病用医薬品であるレボカルニチン、胃薬として使用されるDL-カルニチンがある。以下は特に断らない限りL体について記述する。分子式は C7H15NO3、分子量 161.20、CAS登録番号(L体)541-15-1。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1308217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59083669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • A16
prop-ja:atcSuffix
  • AA01
prop-ja:c
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 541 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 282 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • APRD01070
prop-ja:excretion
  • 尿(> 95%)
prop-ja:h
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:iupacName
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • 318.0
prop-ja:metabolism
  • 僅か
prop-ja:molecularWeight
  • 161.199000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:proteinBound
  • 無し
prop-ja:pubchem
  • 10917 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口、IV
prop-ja:width
  • 202 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カルニチン(carnitine)とは、生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体である。立体異性体のうち脂質代謝に利用されるのは L-カルニチンのみであり、エナンチオマーのD-カルニチンは活性がないとされている。日本においては、食品分野で利用されるL-カルニチン、希少疾病用医薬品であるレボカルニチン、胃薬として使用されるDL-カルニチンがある。以下は特に断らない限りL体について記述する。分子式は C7H15NO3、分子量 161.20、CAS登録番号(L体)541-15-1。
rdfs:label
  • カルニチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of