Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『カルデーニオ』(The History of Cardenio)は、1613年に国王一座が上演したことで知られる失われた戯曲。1653年9月9日、書籍商ハンフリー・モーズリー(Humphrey Moseley)は書籍出版業組合の記録にこの作品を登録する時、作者をウィリアム・シェイクスピアとジョン・フレッチャーとした。しかしモーズリーはシェイクスピアの名前を虚偽に使って作品を登録したことで知られている人物でもある。内容はわかっていないが、ミゲル・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』の登場人物カルデーニオにまつわる事件が描かれていたものと思われる。『ドン・キホーテ』は1612年にトマス・シェルトン(Thomas Shelton)による英訳版が出ているので、作者たちは読むことができた。フレッチャーは後にセルバンテスの作品をベースにした戯曲を数篇書いている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1576883 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56203707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『カルデーニオ』(The History of Cardenio)は、1613年に国王一座が上演したことで知られる失われた戯曲。1653年9月9日、書籍商ハンフリー・モーズリー(Humphrey Moseley)は書籍出版業組合の記録にこの作品を登録する時、作者をウィリアム・シェイクスピアとジョン・フレッチャーとした。しかしモーズリーはシェイクスピアの名前を虚偽に使って作品を登録したことで知られている人物でもある。内容はわかっていないが、ミゲル・デ・セルバンテスの『ドン・キホーテ』の登場人物カルデーニオにまつわる事件が描かれていたものと思われる。『ドン・キホーテ』は1612年にトマス・シェルトン(Thomas Shelton)による英訳版が出ているので、作者たちは読むことができた。フレッチャーは後にセルバンテスの作品をベースにした戯曲を数篇書いている。
rdfs:label
  • カルデーニオ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of