Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カルシウム・パラドックス(calcium paradox)とは、元々は1967年にZimmermanらが心筋を潅流(かんりゅう)する実験において、カルシウム欠乏溶液で処理した後にカルシウムを含む溶液に移し変えると、心筋細胞中にカルシウムが流入し心筋が損傷・壊死する不思議な現象に対して名づけた用語である。その後、カルシウム摂取をめぐる逆説的ないくつかの現象(パラドックス)に対して使われている。定義が定まっていないが学術雑誌や専門書等にもしばしば引用される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1773374 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58623667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カルシウム・パラドックス(calcium paradox)とは、元々は1967年にZimmermanらが心筋を潅流(かんりゅう)する実験において、カルシウム欠乏溶液で処理した後にカルシウムを含む溶液に移し変えると、心筋細胞中にカルシウムが流入し心筋が損傷・壊死する不思議な現象に対して名づけた用語である。その後、カルシウム摂取をめぐる逆説的ないくつかの現象(パラドックス)に対して使われている。定義が定まっていないが学術雑誌や専門書等にもしばしば引用される。
rdfs:label
  • カルシウム・パラドックス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of