Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カリー・ボリー(ヒンディー語: खड़ी बोली)とは中世インドにおけるインド=アーリア諸語に属する言語の一つで、北西インドを中心に使用された。現在のヒンドゥスターニー語の祖語であるが、本来のカリー・ボリーは数多くの姉妹言語たちと同様殆どの語彙語法がサンスクリット・プラークリットに由来するものだった。現在のヒンドゥスターニー語に見られるアラブ=ペルシア式語法は後代になってのものである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1571695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55654514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カリー・ボリー(ヒンディー語: खड़ी बोली)とは中世インドにおけるインド=アーリア諸語に属する言語の一つで、北西インドを中心に使用された。現在のヒンドゥスターニー語の祖語であるが、本来のカリー・ボリーは数多くの姉妹言語たちと同様殆どの語彙語法がサンスクリット・プラークリットに由来するものだった。現在のヒンドゥスターニー語に見られるアラブ=ペルシア式語法は後代になってのものである。
rdfs:label
  • カリー・ボリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of