Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カリヨンの戦い(仏 Bataille de Fort Carillon、英 Battle of Fort Carillon、または1758年のタイコンデロガの戦い)は、フレンチ・インディアン戦争中の戦闘である。カリヨン砦(現在のタイコンデロガ砦)から約0.75マイル(1.2キロ)離れた高台で繰り広げられたこの戦いは、将軍ルイ=ジョゼフ・ド・モンカルムと、フランソワ=ガストン・ド・レビに率いられた4,000人のフランス軍が、ジェームズ・アバークロンビー率いる、数の上では圧倒的に優勢なイギリス軍に、正面から奇襲を仕掛けられた。また、イギリス軍は、塹壕で囲まれたフランス陣地を大砲を使わずに攻撃した。フレンチ・インディアン戦争の中でも、最も血なまぐさい戦闘であり、戦死傷者は両軍合わせて3,000人を超え、うち2,000人以上がイギリス兵だった。アメリカの歴史家であるローレンス・ヘンリー・ギプソンは、アバークロンビーの作戦についてこのように記している。「アメリカ大陸で起こった軍事行動のうちで、これほど指揮官の側に判断ミスが多い戦闘はかつてなかった」多くの軍事史の研究家が、カリヨンの戦いは、戦術面での軍事的無能の典型例として引き合いに出している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2438041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57323114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 兵士たちに三角帽子を振って応えるモンカルム。左側ではフランス陸軍旗が振られている。
prop-ja:casualties
  • 戦死1,000
  • 戦死100
  • 捕囚150
  • 行方不明100
  • 負傷500
prop-ja:combatant
  • グレートブリテン王国
  • フランス王国
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
  • カリヨンの戦い
prop-ja:date
  • --07-06
prop-ja:latitude
  • 43.840000 (xsd:double)
prop-ja:longitude
  • -73.390000 (xsd:double)
prop-ja:mapCaption
  • ニューヨーク州
prop-ja:mapLabel
  • カリヨン砦
prop-ja:mapSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:mapType
  • USA New York
prop-ja:partof
prop-ja:place
  • カリヨン砦(タイコンデロガ砦)
prop-ja:result
  • フランスの勝利
prop-ja:strength
  • 3600 (xsd:integer)
  • 6000 (xsd:integer)
  • 12000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 43.841388888888886 -73.38805555555555
rdf:type
rdfs:comment
  • カリヨンの戦い(仏 Bataille de Fort Carillon、英 Battle of Fort Carillon、または1758年のタイコンデロガの戦い)は、フレンチ・インディアン戦争中の戦闘である。カリヨン砦(現在のタイコンデロガ砦)から約0.75マイル(1.2キロ)離れた高台で繰り広げられたこの戦いは、将軍ルイ=ジョゼフ・ド・モンカルムと、フランソワ=ガストン・ド・レビに率いられた4,000人のフランス軍が、ジェームズ・アバークロンビー率いる、数の上では圧倒的に優勢なイギリス軍に、正面から奇襲を仕掛けられた。また、イギリス軍は、塹壕で囲まれたフランス陣地を大砲を使わずに攻撃した。フレンチ・インディアン戦争の中でも、最も血なまぐさい戦闘であり、戦死傷者は両軍合わせて3,000人を超え、うち2,000人以上がイギリス兵だった。アメリカの歴史家であるローレンス・ヘンリー・ギプソンは、アバークロンビーの作戦についてこのように記している。「アメリカ大陸で起こった軍事行動のうちで、これほど指揮官の側に判断ミスが多い戦闘はかつてなかった」多くの軍事史の研究家が、カリヨンの戦いは、戦術面での軍事的無能の典型例として引き合いに出している。
rdfs:label
  • カリヨンの戦い
owl:sameAs
geo:lat
  • 43.841389 (xsd:float)
geo:long
  • -73.388054 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of