Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カリケアミシン(calichemicin)類は、バクテリアMicromonospora echinosporaに由来するエンジイン抗生物質の一群である。カリケアミシンγ1が最もよく知られている。カリキアマイシンとも呼ばれる。カリケアミシンは1980年代中頃に、テキサス州カービルの白亜質の土壌から単離された。試料はLederle研究室で働く化学者によって採取された。カリケアミシンは全ての細胞に対して極めて毒性が強く、2000年にはCD33抗原標的型免疫抱合体N-アセチルジメチルヒドラジドカリケアミシンが開発され、非固形がん急性骨髄性白血病 (AML) に対する分子標的治療薬として市場に出された。カリケアミシンγ1および類似するエスペラミシンは、知られている中で最も強力な抗腫瘍剤である。
dbpedia-owl:imageSize
  • 350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2793177 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58647393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Calicheamicin.png
prop-ja:imagesize
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • カリケアミシンγ1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カリケアミシン(calichemicin)類は、バクテリアMicromonospora echinosporaに由来するエンジイン抗生物質の一群である。カリケアミシンγ1が最もよく知られている。カリキアマイシンとも呼ばれる。カリケアミシンは1980年代中頃に、テキサス州カービルの白亜質の土壌から単離された。試料はLederle研究室で働く化学者によって採取された。カリケアミシンは全ての細胞に対して極めて毒性が強く、2000年にはCD33抗原標的型免疫抱合体N-アセチルジメチルヒドラジドカリケアミシンが開発され、非固形がん急性骨髄性白血病 (AML) に対する分子標的治療薬として市場に出された。カリケアミシンγ1および類似するエスペラミシンは、知られている中で最も強力な抗腫瘍剤である。
rdfs:label
  • カリケアミシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カリケアミシンγ1
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of