Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カリアス(希:Kαλλίας、ラテン文字転記:KalliasあるいはCallias)はギリシアの男性に見られる名前で、よく見られるポピュラーな名前である。アテナイ人カリアス1世-紀元前6世紀のアテナイの貴族。カリアス2世-紀元前5世紀のアテナイの貴族。上記の孫。カリアス3世-紀元前5世紀のアテナイの貴族。上記の孫。カリアス (カリアデスの子)-紀元前5世紀のアテナイの将軍。ペルシア戦争において財貨を手に入れ、そのために馬の像を奉納したアテナイ人。アテナイの僭主ヒッピアスの妻ミュリネの父。アテナイの将軍ミュロニデスの父。カルキスのカリアス-紀元前4世紀のカルキスの支配者。カリアス (喜劇詩人)-古代ギリシアの喜劇詩人。エリス人の占い師。シュバリスとクロトンの戦いの時にクロトンに加勢し、クロトンが勝利すると領地を送られた。コリントスの将軍カリクラテスの父。第三次神聖戦争末期のフォキスの将軍。↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2106500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1149 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56863215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カリアス(希:Kαλλίας、ラテン文字転記:KalliasあるいはCallias)はギリシアの男性に見られる名前で、よく見られるポピュラーな名前である。アテナイ人カリアス1世-紀元前6世紀のアテナイの貴族。カリアス2世-紀元前5世紀のアテナイの貴族。上記の孫。カリアス3世-紀元前5世紀のアテナイの貴族。上記の孫。カリアス (カリアデスの子)-紀元前5世紀のアテナイの将軍。ペルシア戦争において財貨を手に入れ、そのために馬の像を奉納したアテナイ人。アテナイの僭主ヒッピアスの妻ミュリネの父。アテナイの将軍ミュロニデスの父。カルキスのカリアス-紀元前4世紀のカルキスの支配者。カリアス (喜劇詩人)-古代ギリシアの喜劇詩人。エリス人の占い師。シュバリスとクロトンの戦いの時にクロトンに加勢し、クロトンが勝利すると領地を送られた。コリントスの将軍カリクラテスの父。第三次神聖戦争末期のフォキスの将軍。↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
rdfs:label
  • カリアス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of