Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カラムクロマトグラフィーは、化合物の精製法(クロマトグラフィー)のひとつ。筒状の容器に充填剤をつめ、そこに溶媒に溶かした反応混合物を流し、化合物によって充填剤との親和性や分子の大きさが異なることを利用して分離を行う。GPCやHPLCもカラムクロマトグラフィーの一種であるが、通常カラムクロマトグラフィーと言う場合、シリカゲルカラムクロマトグラフィーのことを指すことが多い。固定相の粒径が小さいほど、理論段数が高くなるが送流抵抗は大となる。移動相の送流方法で オープンカラム - 溶媒の重力落下により送流する。 フラッシュカラム - 数十 kg/cm3 以下のポンプで送流する。通常は単送ポンプの為、脈流である。 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)と呼び分ける。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 129502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59217811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カラムクロマトグラフィーは、化合物の精製法(クロマトグラフィー)のひとつ。筒状の容器に充填剤をつめ、そこに溶媒に溶かした反応混合物を流し、化合物によって充填剤との親和性や分子の大きさが異なることを利用して分離を行う。GPCやHPLCもカラムクロマトグラフィーの一種であるが、通常カラムクロマトグラフィーと言う場合、シリカゲルカラムクロマトグラフィーのことを指すことが多い。固定相の粒径が小さいほど、理論段数が高くなるが送流抵抗は大となる。移動相の送流方法で オープンカラム - 溶媒の重力落下により送流する。 フラッシュカラム - 数十 kg/cm3 以下のポンプで送流する。通常は単送ポンプの為、脈流である。 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)と呼び分ける。
rdfs:label
  • カラムクロマトグラフィー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of