Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カラハン朝カラハン朝の位置1000年頃のカラハン朝の支配領域カラハン朝(カラハンちょう、ペルシア語 : قراخانيان Qarākhānīyān)は、かつて中央アジアに存在したイスラム王朝。中央アジアのテュルク(トルコ)系の遊牧民族の中で最初にイスラーム化した集団と考えられている。カラハン朝はテュルク系の支配者として初めて、イラン系の民族・文化が中心的な地位を占めていたマー・ワラー・アンナフルを支配した国家である。カラハン朝がマー・ワラー・アンナフルを支配するイラン系の王朝サーマーン朝を滅ぼした後、タジキスタン共和国を除いてマー・ワラー・アンナフルにイラン系の国家が再建されることは無かった。カラハン朝の時代は「西トルキスタン」の黎明期とも言え、パミール高原以西の地域にテュルク・イスラーム文化が確立された。カラハン朝が滅亡した後、カラハン朝の時代に芽生えたテュルク・イスラーム文化はモンゴル、ウズベク、カザフなどの西トルキスタンを征服した他の民族・文化を同化する。タリム盆地のウイグル族はカラハン朝を自らの祖先が建てた国と見なし、王朝の君主サトゥク・ボグラ・ハンやマフムード・カーシュガリー、ユースフ・ハーッス・ハージブらカラハン朝時代の学者の廟を建立した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 179755 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24518 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59071393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1212 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • KaraKhanidAD1000.png
prop-ja:位置画像説明
  • 1000 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代始
  • 10 (xsd:integer)
  • 960 (xsd:integer)
  • ?
prop-ja:元首等年代終
  • 955 (xsd:integer)
  • 998 (xsd:integer)
  • ?
prop-ja:元首等氏名
  • アリー・アルスラン・ハン
  • サトゥク・ボグラ・ハン
  • ムーサー・アルスラン・ハン
prop-ja:元首等肩書
  • アルスラン・ハン
  • ボグラ・ハン
prop-ja:先代
  • カルルク
prop-ja:先旗
  • blank.png
prop-ja:変遷
  • dbpedia-ja:西遼
  • イスラム教への集団改宗
  • 国家の東西分裂
  • 東カラハン朝の滅亡
  • 西カラハン朝の滅亡
prop-ja:変遷年月日
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 960 (xsd:integer)
  • 1210 (xsd:integer)
  • 1212 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • カラハン朝
prop-ja:次代
  • ホラズム・シャー朝
  • 西遼
prop-ja:次旗
  • blank.png
prop-ja:略名
  • カラハン朝
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カラハン朝カラハン朝の位置1000年頃のカラハン朝の支配領域カラハン朝(カラハンちょう、ペルシア語 : قراخانيان Qarākhānīyān)は、かつて中央アジアに存在したイスラム王朝。中央アジアのテュルク(トルコ)系の遊牧民族の中で最初にイスラーム化した集団と考えられている。カラハン朝はテュルク系の支配者として初めて、イラン系の民族・文化が中心的な地位を占めていたマー・ワラー・アンナフルを支配した国家である。カラハン朝がマー・ワラー・アンナフルを支配するイラン系の王朝サーマーン朝を滅ぼした後、タジキスタン共和国を除いてマー・ワラー・アンナフルにイラン系の国家が再建されることは無かった。カラハン朝の時代は「西トルキスタン」の黎明期とも言え、パミール高原以西の地域にテュルク・イスラーム文化が確立された。カラハン朝が滅亡した後、カラハン朝の時代に芽生えたテュルク・イスラーム文化はモンゴル、ウズベク、カザフなどの西トルキスタンを征服した他の民族・文化を同化する。タリム盆地のウイグル族はカラハン朝を自らの祖先が建てた国と見なし、王朝の君主サトゥク・ボグラ・ハンやマフムード・カーシュガリー、ユースフ・ハーッス・ハージブらカラハン朝時代の学者の廟を建立した。
rdfs:label
  • カラハン朝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is foaf:primaryTopic of