Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アメリカメジャーリーグベースボールにおけるカムバック賞(Major League Baseball Comeback Player of the Year Award)は、2005年より表彰が行われるようになったMLB公式では最も新しい表彰である。MLB公式サイトの編集スタッフが委員会を構成し、ナショナルリーグ・アメリカンリーグから各6名をリストアップ。ファンからのオンライン投票によって受賞者を決める。1965年から2004年までは「スポーティング・ニュース社(The Sporting News)」が選定したカムバック賞が表彰されていたが、これを現在の表象と併記する。日本のカムバック賞と比較すると、1983年ア・リーグのアラン・トランメル(当時25歳)や1987年ア・リーグのブレット・セイバーヘイゲン(当時23歳)のように、故障でもなく、一時的なスランプから脱した比較的若い選手も受賞しているのが特徴である。また、比較的若い選手も受賞するため、複数回受賞する選手も散見される。詳しくは下表内の( )付きの選手を参照(カッコ内の数字は受賞回数)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1994167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58425275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アメリカメジャーリーグベースボールにおけるカムバック賞(Major League Baseball Comeback Player of the Year Award)は、2005年より表彰が行われるようになったMLB公式では最も新しい表彰である。MLB公式サイトの編集スタッフが委員会を構成し、ナショナルリーグ・アメリカンリーグから各6名をリストアップ。ファンからのオンライン投票によって受賞者を決める。1965年から2004年までは「スポーティング・ニュース社(The Sporting News)」が選定したカムバック賞が表彰されていたが、これを現在の表象と併記する。日本のカムバック賞と比較すると、1983年ア・リーグのアラン・トランメル(当時25歳)や1987年ア・リーグのブレット・セイバーヘイゲン(当時23歳)のように、故障でもなく、一時的なスランプから脱した比較的若い選手も受賞しているのが特徴である。また、比較的若い選手も受賞するため、複数回受賞する選手も散見される。詳しくは下表内の( )付きの選手を参照(カッコ内の数字は受賞回数)。
rdfs:label
  • カムバック賞 (MLB)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of