カマス語(カマスご、Kamassian language)はウラル語族サモエード語派に属す死語。マトル語やセリクプ語とともに南サモエード語群に含まれる。(しかしこれは系統関係に則していない。)カマス方言とコイバル方言の2方言が存在する。最後の話者、 en:Klavdiya Plotnikovaが1989年に死去したことで死語となった。カマス語はロシアのウラル山脈の東側でによって話されていた。 「コイバル」は、ハカス語を話すようになった元カマス人を指す用語である。現代のコイバル人はサモエード人とハカス人、エニセイ人 の混合体である。

Property Value
dbo:abstract
  • カマス語(カマスご、Kamassian language)はウラル語族サモエード語派に属す死語。マトル語やセリクプ語とともに南サモエード語群に含まれる。(しかしこれは系統関係に則していない。)カマス方言とコイバル方言の2方言が存在する。最後の話者、 en:Klavdiya Plotnikovaが1989年に死去したことで死語となった。カマス語はロシアのウラル山脈の東側でによって話されていた。 「コイバル」は、ハカス語を話すようになった元カマス人を指す用語である。現代のコイバル人はサモエード人とハカス人、エニセイ人 の混合体である。 (ja)
  • カマス語(カマスご、Kamassian language)はウラル語族サモエード語派に属す死語。マトル語やセリクプ語とともに南サモエード語群に含まれる。(しかしこれは系統関係に則していない。)カマス方言とコイバル方言の2方言が存在する。最後の話者、 en:Klavdiya Plotnikovaが1989年に死去したことで死語となった。カマス語はロシアのウラル山脈の東側でによって話されていた。 「コイバル」は、ハカス語を話すようになった元カマス人を指す用語である。現代のコイバル人はサモエード人とハカス人、エニセイ人 の混合体である。 (ja)
dbo:languageFamily
dbo:spokenIn
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 420913 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1183 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77109526 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:ethnicity
prop-ja:extinct
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • Uralic (ja)
  • Uralic (ja)
prop-ja:glotto
  • kama1377 (ja)
  • kama1377 (ja)
prop-ja:glottorefname
  • Kamassic (ja)
  • Kamassic (ja)
prop-ja:lc
  • xas (ja)
  • zkb (ja)
  • xas (ja)
  • zkb (ja)
prop-ja:ld
  • カマス方言・コイバル方言 (ja)
  • コイバル方言 (ja)
  • カマス方言・コイバル方言 (ja)
  • コイバル方言 (ja)
prop-ja:linglist
  • zkb (ja)
  • zkb (ja)
prop-ja:name
  • カマス語 (ja)
  • カマス語 (ja)
prop-ja:states
prop-ja:vitality
  • 消滅 (ja)
  • 消滅 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カマス語(カマスご、Kamassian language)はウラル語族サモエード語派に属す死語。マトル語やセリクプ語とともに南サモエード語群に含まれる。(しかしこれは系統関係に則していない。)カマス方言とコイバル方言の2方言が存在する。最後の話者、 en:Klavdiya Plotnikovaが1989年に死去したことで死語となった。カマス語はロシアのウラル山脈の東側でによって話されていた。 「コイバル」は、ハカス語を話すようになった元カマス人を指す用語である。現代のコイバル人はサモエード人とハカス人、エニセイ人 の混合体である。 (ja)
  • カマス語(カマスご、Kamassian language)はウラル語族サモエード語派に属す死語。マトル語やセリクプ語とともに南サモエード語群に含まれる。(しかしこれは系統関係に則していない。)カマス方言とコイバル方言の2方言が存在する。最後の話者、 en:Klavdiya Plotnikovaが1989年に死去したことで死語となった。カマス語はロシアのウラル山脈の東側でによって話されていた。 「コイバル」は、ハカス語を話すようになった元カマス人を指す用語である。現代のコイバル人はサモエード人とハカス人、エニセイ人 の混合体である。 (ja)
rdfs:label
  • カマス語 (ja)
  • カマス語 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カマス語 (ja)
  • カマス語 (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of