Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カマイルカ属(鎌海豚属)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属する属の一つ。カマイルカ属は 6 種で構成される。カマイルカ属の中ではハナジロカマイルカが最も大きな種類であり、成体の体長は約 3 mに達する。逆に最も小さいのはダンダラカマイルカの 1.8 mである。ハナジロカマイルカは北極圏に近い北の寒い海域に生息し、ダンダラカマイルカは南極の氷床に近い南の寒い海域に生息する。カマイルカは日本近海の温暖な海域に生息し、日本人にとって最も馴染み深いイルカの一つである。
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 316853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1990 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46904582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • L. acutus *カマイルカ L. obliquidens *ハラジロカマイルカ L. obscurus *ミナミカマイルカ L. australis *ダンダラカマイルカ L. cruciger
  • *ハナジロカマイルカ L. albirostris *タイセイヨウカマイルカ
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜目
  • ハクジラ亜目
prop-ja:名称
  • カマイルカ属
prop-ja:学名
  • Lagenorhynchus
prop-ja:
  • カマイルカ属
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
prop-ja:
  • 鯨偶蹄目
prop-ja:省略
  • 哺乳綱
prop-ja:
  • マイルカ科
dc:description
  • カマイルカ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カマイルカ属(鎌海豚属)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属する属の一つ。カマイルカ属は 6 種で構成される。カマイルカ属の中ではハナジロカマイルカが最も大きな種類であり、成体の体長は約 3 mに達する。逆に最も小さいのはダンダラカマイルカの 1.8 mである。ハナジロカマイルカは北極圏に近い北の寒い海域に生息し、ダンダラカマイルカは南極の氷床に近い南の寒い海域に生息する。カマイルカは日本近海の温暖な海域に生息し、日本人にとって最も馴染み深いイルカの一つである。
rdfs:label
  • カマイルカ属
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 哺乳綱
  • カマイルカ属
is dbpedia-owl:family of
is dbpedia-owl:genus of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of