Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カペナウム(ギリシア語: Καπερναούμ, Kapernaoum)は新約聖書に登場する、ガリラヤ湖の北西岸にある町のことである。今日のイスラエルのテル・フームにあった。新共同訳聖書では、カファルナウムと表記。日本正教会訳聖書ではカペルナウムと表記される。地名は「Kfar Nahum」、「ナフームの村」を意味する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2267055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57876955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:寄せ
prop-ja:
  • 210 (xsd:integer)
prop-ja:枠幅
  • 210 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Capernaum ruins by David Shankbone.jpg
  • Capernaum.jpg
  • Kafarnaum BW 7.JPG
prop-ja:説明
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カペナウム(ギリシア語: Καπερναούμ, Kapernaoum)は新約聖書に登場する、ガリラヤ湖の北西岸にある町のことである。今日のイスラエルのテル・フームにあった。新共同訳聖書では、カファルナウムと表記。日本正教会訳聖書ではカペルナウムと表記される。地名は「Kfar Nahum」、「ナフームの村」を意味する。
rdfs:label
  • カペナウム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of