カフェイン(英: caffeine)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンと類似した構造を持った有機化合物の1つとしても知られる。ヒトなどに対して興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 コーヒー(coffee)からドイツ人によって単離されたため、カフェイン(ドイツ語: Coffein)と命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。 医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬などに用いられる。その際の副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による禁断症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。頭痛は1日平均235 mgの摂取で、2日目には52%が経験する。

Property Value
dbo:abstract
  • カフェイン(英: caffeine)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンと類似した構造を持った有機化合物の1つとしても知られる。ヒトなどに対して興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 コーヒー(coffee)からドイツ人によって単離されたため、カフェイン(ドイツ語: Coffein)と命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。 医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬などに用いられる。その際の副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による禁断症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。頭痛は1日平均235 mgの摂取で、2日目には52%が経験する。 カフェインは肝臓の代謝酵素CYP1A2で代謝されるため、この阻害作用のある薬と併用すると、血中濃度が高まり作用が強く出る薬物相互作用を示すことがある。一方、ニコチンにはCYP1A2の代謝誘導作用があるため、習慣的にニコチンを摂取しているとカフェインの作用は減弱する。 (ja)
  • カフェイン(英: caffeine)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンと類似した構造を持った有機化合物の1つとしても知られる。ヒトなどに対して興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 コーヒー(coffee)からドイツ人によって単離されたため、カフェイン(ドイツ語: Coffein)と命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。 医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬などに用いられる。その際の副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による禁断症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。頭痛は1日平均235 mgの摂取で、2日目には52%が経験する。 カフェインは肝臓の代謝酵素CYP1A2で代謝されるため、この阻害作用のある薬と併用すると、血中濃度が高まり作用が強く出る薬物相互作用を示すことがある。一方、ニコチンにはCYP1A2の代謝誘導作用があるため、習慣的にニコチンを摂取しているとカフェインの作用は減弱する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 33814 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 35251 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80975740 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:addictionLiability
  • 低 / none (ja)
  • 低 / none (ja)
prop-ja:alt
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:atcPrefix
  • N06B (ja)
  • N06B (ja)
prop-ja:atcSuffix
  • 1.0
prop-ja:bioavailability
  • 99.0
prop-ja:c
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 58 (xsd:integer)
prop-ja:chebi
  • 27732 (xsd:integer)
prop-ja:chembl
  • 113 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 2424 (xsd:integer)
prop-ja:class
  • 覚醒剤 (ja)
  • 覚醒剤 (ja)
prop-ja:density
  • 1.230000 (xsd:double)
prop-ja:dependencyLiability
prop-ja:drugName
  • カフェイン (ja)
  • カフェイン (ja)
prop-ja:drugbank
  • DB00201 (ja)
  • DB00201 (ja)
prop-ja:durationOfAction
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 成人: 3–7時間 (ja)
  • 新生児: 65–130時間 (ja)
  • 成人: 3–7時間 (ja)
  • 新生児: 65–130時間 (ja)
prop-ja:excretion
  • 尿 (ja)
  • 尿 (ja)
prop-ja:h
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Caffeine molecule ball from xtal .png (ja)
  • Caffeine molecule ball from xtal .png (ja)
prop-ja:iupacName
  • 137 (xsd:integer)
prop-ja:iupharLigand
  • 407 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D00528 (ja)
  • D00528 (ja)
prop-ja:legalStatus
  • 非該当 (ja)
  • 非該当 (ja)
prop-ja:meltingHigh
  • 238 (xsd:integer)
prop-ja:meltingNotes
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:meltingPoint
  • 235 (xsd:integer)
prop-ja:metabolism
  • プライマリ: CYP1A2 (ja)
  • マイナー: CYP2E1, CYP3A4, CYP2C8, CYP2C9 (ja)
  • プライマリ: CYP1A2 (ja)
  • マイナー: CYP2E1, CYP3A4, CYP2C8, CYP2C9 (ja)
prop-ja:metabolites
prop-ja:molecularWeight
  • 194.190000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:onset
  • ~1 時間 (ja)
  • ~1 時間 (ja)
prop-ja:pdbLigand
  • CFF (ja)
  • CFF (ja)
prop-ja:pregnancyAu
  • A (ja)
  • A (ja)
prop-ja:pregnancyUs
  • C (ja)
  • C (ja)
prop-ja:proteinBound
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:pubchem
  • 2519 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口、吸引、浣腸、直腸、座薬、静注 (ja)
  • 経口、吸引、浣腸、直腸、座薬、静注 (ja)
prop-ja:smiles
  • CN1C=NC2=C1CNC (ja)
  • CN1C=NC2=C1CNC (ja)
prop-ja:stdinchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stdinchikey
  • RYYVLZVUVIJVGH-UHFFFAOYSA-N (ja)
  • RYYVLZVUVIJVGH-UHFFFAOYSA-N (ja)
prop-ja:synonyms
  • 137 (xsd:integer)
  • Guaranine (ja)
  • Methyltheobromine (ja)
  • Theine (ja)
prop-ja:unii
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • カフェイン(英: caffeine)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンと類似した構造を持った有機化合物の1つとしても知られる。ヒトなどに対して興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 コーヒー(coffee)からドイツ人によって単離されたため、カフェイン(ドイツ語: Coffein)と命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。 医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬などに用いられる。その際の副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による禁断症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。頭痛は1日平均235 mgの摂取で、2日目には52%が経験する。 (ja)
  • カフェイン(英: caffeine)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンと類似した構造を持った有機化合物の1つとしても知られる。ヒトなどに対して興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 コーヒー(coffee)からドイツ人によって単離されたため、カフェイン(ドイツ語: Coffein)と命名された。主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。 医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬などに用いられる。その際の副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による禁断症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。頭痛は1日平均235 mgの摂取で、2日目には52%が経験する。 (ja)
rdfs:label
  • カフェイン (ja)
  • カフェイン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ingredients of
is prop-ja:opt1n of
is prop-ja:opt2n of
is prop-ja:opt3n of
is foaf:primaryTopic of