Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カピトリーノのウェヌスは、ウェヌスの彫像のひとつの型であり、とくに「恥じらいのウェヌス」(Venus Pudica)の諸型のひとつであり(のこりのなかにはメディチのウェヌス(英語: Venus de' Medici)型もある)、そのいくつかの例が存在している。この型は、クニドスのアプロディーテーに根本的に由来している。カピトリーノのウェヌスとその諸ヴァリアンツは、両腕のポジションで見分けられ得る - ウェヌスは、バスののちに立って、右手で両乳房を、左手で鼠径を、おおいはじめている。この型のこのオリジナル(以後の諸コピーは、これに由来している)は、小アジアからの失われた紀元前3世紀ないし2世紀のプラクシテレスの作品のヴァリエーションであると考えられているが、これは、題材の肉的なそして官能的な取扱いと女神の慎み深い「両」(both)手のジェスチャー - プラクシテレスのオリジナルにおいては鼠径のまえに片手のみ - によってプラクシテレス的な伝統を変更している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2946508 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56787596 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カピトリーノのウェヌスは、ウェヌスの彫像のひとつの型であり、とくに「恥じらいのウェヌス」(Venus Pudica)の諸型のひとつであり(のこりのなかにはメディチのウェヌス(英語: Venus de' Medici)型もある)、そのいくつかの例が存在している。この型は、クニドスのアプロディーテーに根本的に由来している。カピトリーノのウェヌスとその諸ヴァリアンツは、両腕のポジションで見分けられ得る - ウェヌスは、バスののちに立って、右手で両乳房を、左手で鼠径を、おおいはじめている。この型のこのオリジナル(以後の諸コピーは、これに由来している)は、小アジアからの失われた紀元前3世紀ないし2世紀のプラクシテレスの作品のヴァリエーションであると考えられているが、これは、題材の肉的なそして官能的な取扱いと女神の慎み深い「両」(both)手のジェスチャー - プラクシテレスのオリジナルにおいては鼠径のまえに片手のみ - によってプラクシテレス的な伝統を変更している。
rdfs:label
  • カピトリーノのウェヌス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of