Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カビエン(Kavieng)はパプアニューギニア、ニューアイルランド州の州都。カビエン地方、カビエン都市地方レベル政府(Kavieng Urban LLG)に属する。ニューアイルランド島北端のバルガイ湾(Balgai Bay)に位置する同島最大の都市である。人口は10,600人で国内第14位(2000年現在)。使用言語はトク・ピシン、英語。ニューアイルランド島の地方言語ティガク(Tigak)を話す人もいる。平均最高気温30.2度、平均最低気温22.5度、年間降水量3,183mm、標高10m。カビエンはニューアイルランド島の主要港で貿易と観光の町である。いくつかのスクーバダイビングの会社があり、自然豊かな景観と第二次世界大戦での沈没船で知られている。カビエン港内にもいくつかの飛行機と船が沈んでいる。町への接続はカビエン空港からポートモレスビーへ毎日航空便がある。193km離れたナマタナイ(Namatanai)へ続くブルミンスキ・ハイウェイ(Boluminski Highway)の入口に空港はある。カビエンには地方自治体の庁舎や商店街など地方の中心都市としてのサービスは全てある。ホテルは金曜夜のシーフード料理で有名なカビエンホテル(Kavieng Hotel)の他、マラガン・ビーチ・リゾート・ホテル(Malagan Beach Resort hotel)、植民地時代はクラブだったカビエン・クラブ(Kavieng Club)がある。病院には一般診療と小児科、外科がある。また週に一度、市場が立つ。町の端にはコプラ輸出のための大型の港湾設備があり、大型船が直接コプラと油を積み込むことができる。カビエンからはニューアイルランド島とニューハノーバー島の間に位置する多くの島が見える。ヌサ・リク島(Nusa Lik Island)、ヌサ・ラワ島(Nusa Lawa Island)、ナンゴ島(Nango Island)などそれらの島々は1960年代から70年代にかけて魚の缶詰工場が多くあった。
dbpedia-owl:populationTotal
  • 10600 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1371432 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58825235 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • E
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • S
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位区分名
prop-ja:下位区分種類
prop-ja:人口の時点
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:公用語名称
  • Kavieng
prop-ja:協定世界時との時差
  • +10
prop-ja:夏時間の等時帯
  • なし
prop-ja:標高(フィート)_
  • 33 (xsd:integer)
prop-ja:標高(メートル)_
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:正式名称
  • カビエン
prop-ja:等時帯
  • UTC+10
prop-ja:経度分
  • 48 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:総人口
  • 10600 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 34 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 2 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カビエン(Kavieng)はパプアニューギニア、ニューアイルランド州の州都。カビエン地方、カビエン都市地方レベル政府(Kavieng Urban LLG)に属する。ニューアイルランド島北端のバルガイ湾(Balgai Bay)に位置する同島最大の都市である。人口は10,600人で国内第14位(2000年現在)。使用言語はトク・ピシン、英語。ニューアイルランド島の地方言語ティガク(Tigak)を話す人もいる。平均最高気温30.2度、平均最低気温22.5度、年間降水量3,183mm、標高10m。カビエンはニューアイルランド島の主要港で貿易と観光の町である。いくつかのスクーバダイビングの会社があり、自然豊かな景観と第二次世界大戦での沈没船で知られている。カビエン港内にもいくつかの飛行機と船が沈んでいる。町への接続はカビエン空港からポートモレスビーへ毎日航空便がある。193km離れたナマタナイ(Namatanai)へ続くブルミンスキ・ハイウェイ(Boluminski Highway)の入口に空港はある。カビエンには地方自治体の庁舎や商店街など地方の中心都市としてのサービスは全てある。ホテルは金曜夜のシーフード料理で有名なカビエンホテル(Kavieng Hotel)の他、マラガン・ビーチ・リゾート・ホテル(Malagan Beach Resort hotel)、植民地時代はクラブだったカビエン・クラブ(Kavieng Club)がある。病院には一般診療と小児科、外科がある。また週に一度、市場が立つ。町の端にはコプラ輸出のための大型の港湾設備があり、大型船が直接コプラと油を積み込むことができる。カビエンからはニューアイルランド島とニューハノーバー島の間に位置する多くの島が見える。ヌサ・リク島(Nusa Lik Island)、ヌサ・ラワ島(Nusa Lawa Island)、ナンゴ島(Nango Island)などそれらの島々は1960年代から70年代にかけて魚の缶詰工場が多くあった。
rdfs:label
  • カビエン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カビエン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:編成地 of
is foaf:primaryTopic of