Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カナビス・カップ(The Cannabis Cup、カンナビス・カップとも)は、毎年アムステルダムで行われる大麻フェスティバルで、アメリカの雑誌「ハイ・タイムズ」の編集者スティーブン・ヘイガーによって1987年から始められた。スティーブンはカナビス(大麻)種子を扱う会社の設立者であるニーヴィルへのインタビューを行う目的でオランダを訪れた際に、このフェスティバル構想を思いついたという。当時ニーヴィルは、自宅マンションを大々的な大麻の栽培室としており、俗に「大麻城(The Cannabis Castle)」と呼ばれていた。一定量のマリファナの個人所持が刑罰の対象外となっているオランダは、大麻関連のイベントが多い地として、特に大麻愛好者・関連事業者たちの間では有名である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 924179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3767 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51778537 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カナビス・カップ(The Cannabis Cup、カンナビス・カップとも)は、毎年アムステルダムで行われる大麻フェスティバルで、アメリカの雑誌「ハイ・タイムズ」の編集者スティーブン・ヘイガーによって1987年から始められた。スティーブンはカナビス(大麻)種子を扱う会社の設立者であるニーヴィルへのインタビューを行う目的でオランダを訪れた際に、このフェスティバル構想を思いついたという。当時ニーヴィルは、自宅マンションを大々的な大麻の栽培室としており、俗に「大麻城(The Cannabis Castle)」と呼ばれていた。一定量のマリファナの個人所持が刑罰の対象外となっているオランダは、大麻関連のイベントが多い地として、特に大麻愛好者・関連事業者たちの間では有名である。
rdfs:label
  • カナビス・カップ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of