Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カトリーヌ・ド・メディシス(フランス語: Catherine de Médicis、1519年4月13日 - 1589年1月5日)は、フランス王アンリ2世の王妃。フランス王フランソワ2世、シャルル9世、アンリ3世の母后。1519年、イタリアのフィレンツェでウルビーノ公ロレンツォ2世・デ・メディチ(ロレンツォ・デ・メディチの孫)と、オーヴェルニュ伯ジャン3世の娘マドレーヌの間に生まれた。イタリア語名はカテリーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(イタリア語: Caterina di Lorenzo de' Medici)。彼女を出産後に母が亡くなり、間もなく父も亡くして孤児となる。1533年、ローマ教皇クレメンス7世とフランス王フランソワ1世の間で縁組交渉がまとまり、フランスの第2王子オルレアン公アンリ・ド・ヴァロワ(後のアンリ2世)と結婚する。10人の子を産むが、アンリ2世の寵愛は愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエに独占されていた。1559年に馬上槍試合での事故でアンリ2世が死去し、長男フランソワ2世の短い治世の後に幼いシャルル9世が即位すると摂政として政治を担うことになる。国内ではユグノー(フランスカルヴァン派の呼称)とカトリックの対立が激化しており、カトリーヌは融和政策を図るが、フランス宗教戦争(ユグノー戦争)の勃発を止めることはできなかった。休戦と再戦を繰り返した1572年にパリやフランス各地でプロテスタントの大量虐殺(サン・バルテルミの虐殺)が起こり、カトリーヌは悪名を残すことになる。シャルル9世はこの2年後に死去し、四男のアンリ3世が即位するが、内乱はカトリック陣営のギーズ公アンリそしてユグノー陣営のナバラ王アンリとのいわゆる「三アンリの戦い」の様相を呈し、泥沼化する。1588年にアンリ3世は強硬手段に出てギーズ公アンリを暗殺するが、病床にあったカトリーヌは息子の愚行を嘆きつつ程なくして死去した。カトリーヌの死の8ヶ月後にアンリ3世はカトリック修道士に暗殺され、ヴァロワ朝は断絶した。ナバラ王アンリがアンリ4世として即位し、新たにブルボン朝が開かれた。芸術を愛好し、宮殿の造営や歌謡・演劇の分野で才能を発揮した。また、フランスの食文化を発展させたことでも知られる。イタリア人ではあるが、その生涯の大半がフランス王族としての事跡であるため、便宜上、本項目ではフランス語読みの「カトリーヌ・ド・メディシス」で統一する。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1519-04-13 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1589-01-05 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 101122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 51362 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57821827 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
  • right
prop-ja:footer
  • 父ロレンツォ2世・デ・メディチ(左)と母マドレーヌ(右)
  • ユグノー陣営の指導者。ガスパール・ド・コリニー(通称コリニー提督)(左)とジャンヌ・ダルブレ(ナバラ女王フアナ3世)(右)
  • アラソン公フランソワ(左)とマルグリット・ド・ヴァロワ(右)
  • アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの墓廟。サン=ドニ大聖堂
prop-ja:image
  • Duke-Lorenzo.jpg
  • Gaspard-II-de-coligny.jpg
  • Heinrich II Katharina von Medici 1.jpg
  • Jeanne-albret-navarre.jpg
  • Madeleine de La Tour d'Auvergne.jpg
  • Margot00.jpeg
  • Nicholas Hilliard 002.jpg
  • Basilica di saint Denis tomba enrico II e caterina de' Medici 03.JPG
prop-ja:width
  • 134 (xsd:integer)
  • 140 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • カトリーヌ・ド・メディシス
prop-ja:全名
  • カテリーナ・マリア・ロムラ
  • カトリーヌ・マリー・ロミュラ
prop-ja:出生日
  • 1519-04-13 (xsd:date)
prop-ja:埋葬地
  • 1610 (xsd:integer)
  • 、サン=ドニ、サン=ドニ大聖堂(改葬)
prop-ja:埋葬日
  • 、ブロワ、サンソヴール大聖堂
prop-ja:家名・爵位
prop-ja:死亡日
  • 1589-01-05 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 、ブロワ、ブロワ城
prop-ja:父親
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Catherine de Medicis.jpg
prop-ja:画像説明
  • フランソワ・クルーエ画、1559年以降。
  • 夫アンリ2世の死後、カトリーヌは常に黒の喪服を着用していた。
prop-ja:称号
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カトリーヌ・ド・メディシス(フランス語: Catherine de Médicis、1519年4月13日 - 1589年1月5日)は、フランス王アンリ2世の王妃。フランス王フランソワ2世、シャルル9世、アンリ3世の母后。1519年、イタリアのフィレンツェでウルビーノ公ロレンツォ2世・デ・メディチ(ロレンツォ・デ・メディチの孫)と、オーヴェルニュ伯ジャン3世の娘マドレーヌの間に生まれた。イタリア語名はカテリーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(イタリア語: Caterina di Lorenzo de' Medici)。彼女を出産後に母が亡くなり、間もなく父も亡くして孤児となる。1533年、ローマ教皇クレメンス7世とフランス王フランソワ1世の間で縁組交渉がまとまり、フランスの第2王子オルレアン公アンリ・ド・ヴァロワ(後のアンリ2世)と結婚する。10人の子を産むが、アンリ2世の寵愛は愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエに独占されていた。1559年に馬上槍試合での事故でアンリ2世が死去し、長男フランソワ2世の短い治世の後に幼いシャルル9世が即位すると摂政として政治を担うことになる。国内ではユグノー(フランスカルヴァン派の呼称)とカトリックの対立が激化しており、カトリーヌは融和政策を図るが、フランス宗教戦争(ユグノー戦争)の勃発を止めることはできなかった。休戦と再戦を繰り返した1572年にパリやフランス各地でプロテスタントの大量虐殺(サン・バルテルミの虐殺)が起こり、カトリーヌは悪名を残すことになる。シャルル9世はこの2年後に死去し、四男のアンリ3世が即位するが、内乱はカトリック陣営のギーズ公アンリそしてユグノー陣営のナバラ王アンリとのいわゆる「三アンリの戦い」の様相を呈し、泥沼化する。1588年にアンリ3世は強硬手段に出てギーズ公アンリを暗殺するが、病床にあったカトリーヌは息子の愚行を嘆きつつ程なくして死去した。カトリーヌの死の8ヶ月後にアンリ3世はカトリック修道士に暗殺され、ヴァロワ朝は断絶した。ナバラ王アンリがアンリ4世として即位し、新たにブルボン朝が開かれた。芸術を愛好し、宮殿の造営や歌謡・演劇の分野で才能を発揮した。また、フランスの食文化を発展させたことでも知られる。イタリア人ではあるが、その生涯の大半がフランス王族としての事跡であるため、便宜上、本項目ではフランス語読みの「カトリーヌ・ド・メディシス」で統一する。
rdfs:label
  • カトリーヌ・ド・メディシス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カテリーナ・マリア・ロムラ
  • カトリーヌ・ド・メディシス
  • カトリーヌ・マリー・ロミュラ
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of