Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カトリーヌ・ド・ブルボン(Catherine de Bourbon, 1440年 リエージュ - 1469年5月21日 ナイメーヘン)は、フランス王家傍系のブルボン公爵家の公女で、ゲルデルン(ヘルレ)公アドルフの妻。ブルボン公シャルル1世とその妻でブルゴーニュ公ジャン1世(無畏公)の娘であるアニェスの間の三女として生まれた。1463年12月28日にブルッヘにおいて、ゲルデルン公爵家の当主アドルフと結婚した。この縁組は伯父のブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)がゲルデルン公領に対する影響力を強めるために、姪であり、また息子シャルル(突進公)の妻イザベルの妹にあたるカトリーヌをアドルフに嫁がせた政略結婚だった。1469年に夫に先立って死去し、没地ナイメーヘンの聖ステフェン教会に葬られた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2653919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47076872 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カトリーヌ・ド・ブルボン(Catherine de Bourbon, 1440年 リエージュ - 1469年5月21日 ナイメーヘン)は、フランス王家傍系のブルボン公爵家の公女で、ゲルデルン(ヘルレ)公アドルフの妻。ブルボン公シャルル1世とその妻でブルゴーニュ公ジャン1世(無畏公)の娘であるアニェスの間の三女として生まれた。1463年12月28日にブルッヘにおいて、ゲルデルン公爵家の当主アドルフと結婚した。この縁組は伯父のブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)がゲルデルン公領に対する影響力を強めるために、姪であり、また息子シャルル(突進公)の妻イザベルの妹にあたるカトリーヌをアドルフに嫁がせた政略結婚だった。1469年に夫に先立って死去し、没地ナイメーヘンの聖ステフェン教会に葬られた。
rdfs:label
  • カトリーヌ・ド・ブルボン (1440-1469)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of