Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カトリック連盟(ドイツ語: Katholische Liga、リーガ)は、神聖ローマ帝国において、1609年7月10日にプロテスタント同盟(1608年結成、ウニオン、ウニオーン)に対抗し、『カトリック信仰の防衛と帝国の平和』を旗頭に結成されたカトリック系領邦国家による同盟。フランスにおけるカトリック同盟に範をとったが、同同盟ほどに剛直ではなく、当初はプロテスタント同盟の政治的対抗組織として活動した。しかしながら、住民レベルにおけるカトリック・プロテスタント両教徒の対立が高まるようになり、遂には、1618年5月23日プラハ窓外投擲事件が発生、両者の対立は頂点を迎え、三十年戦争の第一段階であるボヘミア・プファルツ戦争へと至る。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2804707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57411349 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カトリック連盟(ドイツ語: Katholische Liga、リーガ)は、神聖ローマ帝国において、1609年7月10日にプロテスタント同盟(1608年結成、ウニオン、ウニオーン)に対抗し、『カトリック信仰の防衛と帝国の平和』を旗頭に結成されたカトリック系領邦国家による同盟。フランスにおけるカトリック同盟に範をとったが、同同盟ほどに剛直ではなく、当初はプロテスタント同盟の政治的対抗組織として活動した。しかしながら、住民レベルにおけるカトリック・プロテスタント両教徒の対立が高まるようになり、遂には、1618年5月23日プラハ窓外投擲事件が発生、両者の対立は頂点を迎え、三十年戦争の第一段階であるボヘミア・プファルツ戦争へと至る。
rdfs:label
  • カトリック連盟
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is foaf:primaryTopic of