Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(catechol-O-methyltransferase, COMT)は、ドーパミン、アドレナリンおよびノルアドレナリンなどのカテコールアミン類を分解する酵素の一つである。ヒトでは、COMT遺伝子にエンコードされている。カテコールアミン類の調節が疾患により損なわれたとき、いくつかの調合薬はCOMTを標的としてその活性を変化させ、カテコールアミンが供給されるようにしている。COMTを初めて発見したのは生化学者のジュリアス・アクセルロッド(1957)である。
dbpedia-owl:casNumber
  • 9012-25-3
dbpedia-owl:ecNumber
  • 2.1.1.6
  • 2/1/1/6
dbpedia-owl:pdb
  • Catechol-O-methyl transferase 3bwm.png
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2326218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54214501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • ヒトCOMTの結晶構造。青色分子は3,5-ジニトロカテコール、黄色分子はS-アデノシルメチオニン。より。
prop-ja:casNumber
  • 9012 (xsd:integer)
prop-ja:ecNumber
  • 2.100000 (xsd:double)
prop-ja:goCode
  • 16206 (xsd:integer)
prop-ja:iubmbEcNumber
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dc:description
  • ヒトCOMTの結晶構造。青色分子は3,5-ジニトロカテコール、黄色分子はS-アデノシルメチオニン。より。
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(catechol-O-methyltransferase, COMT)は、ドーパミン、アドレナリンおよびノルアドレナリンなどのカテコールアミン類を分解する酵素の一つである。ヒトでは、COMT遺伝子にエンコードされている。カテコールアミン類の調節が疾患により損なわれたとき、いくつかの調合薬はCOMTを標的としてその活性を変化させ、カテコールアミンが供給されるようにしている。COMTを初めて発見したのは生化学者のジュリアス・アクセルロッド(1957)である。
rdfs:label
  • カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of