Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カテキン (catechin) は、狭義には化学式C15H14O6で表される化合物であり、フラボノイドの1種である。分子量は 290.27。広義にはその誘導体となる一連のポリフェノールも含み、この意味での使用例の方が多い。広義のカテキンは茶の渋み成分である。これらは酸化によって重合しタンニンとなる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • (2R,3S)-2-(3,4-dihydroxyphenyl)-3,4-dihydro-2H-chromene-3,5,7-triol
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 35467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57518064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:imagefile
  • Catechin_structure.svg
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • -2 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • カテコール
  • 240.0
  • カテルゲン
  • シアニドール
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:化合物名
  • -カテキン
prop-ja:範囲
  • 抗アレルギー作用
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カテキン (catechin) は、狭義には化学式C15H14O6で表される化合物であり、フラボノイドの1種である。分子量は 290.27。広義にはその誘導体となる一連のポリフェノールも含み、この意味での使用例の方が多い。広義のカテキンは茶の渋み成分である。これらは酸化によって重合しタンニンとなる。
rdfs:label
  • カテキン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カテコール
  • カテルゲン
  • シアニドール
  • 3,3',4',5,7-フラバンペントール
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of