Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カッターナイフは、交換可能な刃を持つ刃物の総称。明確な定義はない。紙を切るための道具として開発された。現在では、紙や布、薄い合板、石膏ボードなどの切断ができるなど用途に応じてさまざまな形状の製品がある。略してカッターとも呼ばれる。「カッターナイフ」は和製英語であり、英語圏では "utility knife" と呼ばれるほか、商標から "Stanley knife"、"boxcutter"、"X-Acto knife" などとも呼ばれる(商標の普通名称化)。"cutter" という呼称は日本のほかにフィリピン、イタリア、エジプトでも使われている。イスラエルやスイスでは "Japanese knife" と呼ばれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 185360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 90 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59058897 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイトル
  • cutter
  • utility knife
prop-ja:ページ名
  • Utility knives
prop-ja:追加
  • Cutter
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カッターナイフは、交換可能な刃を持つ刃物の総称。明確な定義はない。紙を切るための道具として開発された。現在では、紙や布、薄い合板、石膏ボードなどの切断ができるなど用途に応じてさまざまな形状の製品がある。略してカッターとも呼ばれる。「カッターナイフ」は和製英語であり、英語圏では "utility knife" と呼ばれるほか、商標から "Stanley knife"、"boxcutter"、"X-Acto knife" などとも呼ばれる(商標の普通名称化)。"cutter" という呼称は日本のほかにフィリピン、イタリア、エジプトでも使われている。イスラエルやスイスでは "Japanese knife" と呼ばれている。
rdfs:label
  • カッターナイフ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of