Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カチオン-π相互作用(カチオン-パイそうごさよう、英: Cation-π interaction)は、電子豊富なπ電子系(例:ベンゼン、エチレン)と近接する陽イオン(カチオン、例:Li+, Na+)との間に働く非共有結合性の分子間相互作用である。この非典型的な相互作用は、単極子(陽イオン)と四重極子(π電子系)との間の非共有結合性結合の一つの例である。カチオン-π相互作用のエネルギーは、水素結合や塩橋の強さと同程度であり、分子認識において重要な役割を果たしている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2318573 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58739650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カチオン-π相互作用(カチオン-パイそうごさよう、英: Cation-π interaction)は、電子豊富なπ電子系(例:ベンゼン、エチレン)と近接する陽イオン(カチオン、例:Li+, Na+)との間に働く非共有結合性の分子間相互作用である。この非典型的な相互作用は、単極子(陽イオン)と四重極子(π電子系)との間の非共有結合性結合の一つの例である。カチオン-π相互作用のエネルギーは、水素結合や塩橋の強さと同程度であり、分子認識において重要な役割を果たしている。
rdfs:label
  • カチオン-π相互作用
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of