Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カタパルト (aircraft catapult) は、艦艇(現代では主に航空母艦)から航空機を射出するための機械である。射出機(しゃしゅつき)とも呼ばれる。また、地上から滑走路を使わずに離陸する場合に使われる、動力つきの発射台もカタパルトと呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 36146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13779 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 177 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58933429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • ドイツでは、蒸気カタパルトの実用化に世界で初めて成功し、CAMシップに酷似した、大型水上機や飛行艇を運用する為のカタパルト艦を運用していた。
  • 蒸気式。カタパルト艦に搭載された世界初の実用蒸気式カタパルトであり、射出重量は約20㌧、大型水上機及び飛行艇を射出可能、最初に実用化したのはドイツであるが、航空母艦に初めて搭載したのはイギリスである
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カタパルト (aircraft catapult) は、艦艇(現代では主に航空母艦)から航空機を射出するための機械である。射出機(しゃしゅつき)とも呼ばれる。また、地上から滑走路を使わずに離陸する場合に使われる、動力つきの発射台もカタパルトと呼ばれる。
rdfs:label
  • カタパルト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:搭載機 of
is foaf:primaryTopic of