Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カストロール(Castrol)とは、自動車用エンジンオイル、オートバイ用オイル、船舶用潤滑油のBP(旧ブリティッシュペトロリアム)のブランド名。または、かつて同ブランドのオイルを製造していた会社名。名の由来は、かつて潤滑油として用いられていたヒマシ油(Castor Oil)からの造語である。工業・産業分野でも潤滑油、切削油・研削油のトップブランドである。グローバル的にはBPの潤滑油はBPブランドからカストールブランドに集約されつつあり実質的にBPの潤滑油部門のブランドとなりつつある。日本で販売されるCastrolブランドのエンジンオイルの多くは日本の石油会社、ブレンド工場でライセンス生産されたものであるが、一部輸入されている商品もある。ディスカウントショップで見受けられる樹脂ボトル入りのオイルは、並行輸入されたもので正規ルートの商品ではない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 341180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56041472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カストロール(Castrol)とは、自動車用エンジンオイル、オートバイ用オイル、船舶用潤滑油のBP(旧ブリティッシュペトロリアム)のブランド名。または、かつて同ブランドのオイルを製造していた会社名。名の由来は、かつて潤滑油として用いられていたヒマシ油(Castor Oil)からの造語である。工業・産業分野でも潤滑油、切削油・研削油のトップブランドである。グローバル的にはBPの潤滑油はBPブランドからカストールブランドに集約されつつあり実質的にBPの潤滑油部門のブランドとなりつつある。日本で販売されるCastrolブランドのエンジンオイルの多くは日本の石油会社、ブレンド工場でライセンス生産されたものであるが、一部輸入されている商品もある。ディスカウントショップで見受けられる樹脂ボトル入りのオイルは、並行輸入されたもので正規ルートの商品ではない。
rdfs:label
  • カストロール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:オイル of
is prop-ja:燃料 of
is foaf:primaryTopic of