Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カスタードクリーム(英: pastry cream、仏: crème pâtissière)は、カスタードを用いた、洋菓子に使われるソース。卵黄、砂糖をよくまぜ、小麦粉(コーンスターチでもよい)を加え、温めた牛乳を少しずつ加えてのばし、とろみがつくまで加熱したもの。一般的にバニラの香りをつける。薄黄色くとろりとして甘いクリームである。ホイップクリームと異なり加熱しても変質せず、また安価なため非常に多く使われる。しかし水分が多いため日持ちがしないのが難点。このため対策としてブランデーのような、洋酒による味付けを兼ねたアルコール分の付加が行われる事も多い。よくシュークリームに入れられるクリームであり、泡立てた生クリームを混ぜるとコクと食感が向上する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 205887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59010908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カスタードクリーム(英: pastry cream、仏: crème pâtissière)は、カスタードを用いた、洋菓子に使われるソース。卵黄、砂糖をよくまぜ、小麦粉(コーンスターチでもよい)を加え、温めた牛乳を少しずつ加えてのばし、とろみがつくまで加熱したもの。一般的にバニラの香りをつける。薄黄色くとろりとして甘いクリームである。ホイップクリームと異なり加熱しても変質せず、また安価なため非常に多く使われる。しかし水分が多いため日持ちがしないのが難点。このため対策としてブランデーのような、洋酒による味付けを兼ねたアルコール分の付加が行われる事も多い。よくシュークリームに入れられるクリームであり、泡立てた生クリームを混ぜるとコクと食感が向上する。
rdfs:label
  • カスタードクリーム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of