Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カシューブ語(kaszëbsczi jãzëk)は、スラヴ語派の西スラヴ語群レヒト諸語に含まれる言語。言語コードはISO 639-2 csb。ポメラニアのバルト海沿岸の地域にいたカシューブ族の言語から発展したと考えられている。ポーランドの言語学者には、カシューブ語をポーランド語の方言と考えるものが多い。現在、ポーランド北部のポモージェ地方および移民先のカナダにあわせて20万人の話者がいる。2002年の国勢調査では、5万3千人が家庭ではもっぱらカシューブ語を使用するとしている。公用語ではないが、ポモージェ地方の一部の郡では公式の場で使用される。
dbpedia-owl:iso6392Code
  • csb
dbpedia-owl:iso6393Code
  • csb
dbpedia-owl:languageFamily
dbpedia-owl:spokenIn
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 119646 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54074378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:agency
  • Radzëzna Kaszëbszégò Jãzëka
prop-ja:ethnicity
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • インド・ヨーロッパ語族
prop-ja:iso
  • csb
prop-ja:name
  • カシューブ語
prop-ja:region
  • ポーランド・ポメラニア(ポモージェ)
  • カナダ・オンタリオ州
prop-ja:script
prop-ja:speakers
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:states
prop-ja:vitality
  • 重大
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • カシューブ語(kaszëbsczi jãzëk)は、スラヴ語派の西スラヴ語群レヒト諸語に含まれる言語。言語コードはISO 639-2 csb。ポメラニアのバルト海沿岸の地域にいたカシューブ族の言語から発展したと考えられている。ポーランドの言語学者には、カシューブ語をポーランド語の方言と考えるものが多い。現在、ポーランド北部のポモージェ地方および移民先のカナダにあわせて20万人の話者がいる。2002年の国勢調査では、5万3千人が家庭ではもっぱらカシューブ語を使用するとしている。公用語ではないが、ポモージェ地方の一部の郡では公式の場で使用される。
rdfs:label
  • カシューブ語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カシューブ語
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of