Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • VL-1は、カシオ計算機のVL-Toneシリーズの最初の楽器であり、VL-Toneとしばしば呼ばれる。電卓、シンセサイザー、ミュージックシーケンサーの機能を持ち、 1981年に発売された 数万円程度で売られた, VL-1は、電子楽器奏者からその安っぽい作りと、元になった楽器とは全然似てない音色に、キッチュな価値を見出されている。愛称はワンキーボード。VL-1シリーズには殆ど同じで小さくしたVL-10や、4音同時発声が可能なVL-5がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2618523 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51815904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • VL-1は、カシオ計算機のVL-Toneシリーズの最初の楽器であり、VL-Toneとしばしば呼ばれる。電卓、シンセサイザー、ミュージックシーケンサーの機能を持ち、 1981年に発売された 数万円程度で売られた, VL-1は、電子楽器奏者からその安っぽい作りと、元になった楽器とは全然似てない音色に、キッチュな価値を見出されている。愛称はワンキーボード。VL-1シリーズには殆ど同じで小さくしたVL-10や、4音同時発声が可能なVL-5がある。
rdfs:label
  • カシオ VL-1
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of