Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カザン大学(カザンだいがく、露: Казанский государственный университет、英: Kazan State University)はロシア・タタールスタン共和国の首都カザンにある大学。1804年創設。ロシアの大数学者ニコライ・ロバチェフスキーは、1827年から1846年までカザン帝国大学学長を務めた。カザン大学は、ロシアにおける「有機化学発祥の地」として知られる。アレクサンドル・ブートレロフ、ウラジミール・マルコフニコフ、アレクサンドル・アルブーゾフらがカザン大学で教鞭をとっている。また、1875年から1883年に教授を務めたポーランド出身の言語学者ボードゥアン・ド・クルトネは、後のプラハ言語学派に繋がるカザン言語学派を創設することとなる。カザン大学本館は、1825年に建築家のピャトニーツキーの手によるもので19世紀におけるロシアの地方都市の新古典主義様式の代表的建築として評価されている。カザン大学本館の正面にはウラジーミル・レーニンがかつて通っていたことにちなんでレーニン像が立てられている。ロシアの他の都市にあるレーニン像が頭の禿げた壮年の姿であるのに対し、カザン大学前にあるレーニン像は髪を蓄えた学生時代の若きレーニンの姿となっている。大学付属図書館は、東洋学関係の膨大な文献資料が所蔵されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 679103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57290626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カザン大学(カザンだいがく、露: Казанский государственный университет、英: Kazan State University)はロシア・タタールスタン共和国の首都カザンにある大学。1804年創設。ロシアの大数学者ニコライ・ロバチェフスキーは、1827年から1846年までカザン帝国大学学長を務めた。カザン大学は、ロシアにおける「有機化学発祥の地」として知られる。アレクサンドル・ブートレロフ、ウラジミール・マルコフニコフ、アレクサンドル・アルブーゾフらがカザン大学で教鞭をとっている。また、1875年から1883年に教授を務めたポーランド出身の言語学者ボードゥアン・ド・クルトネは、後のプラハ言語学派に繋がるカザン言語学派を創設することとなる。カザン大学本館は、1825年に建築家のピャトニーツキーの手によるもので19世紀におけるロシアの地方都市の新古典主義様式の代表的建築として評価されている。カザン大学本館の正面にはウラジーミル・レーニンがかつて通っていたことにちなんでレーニン像が立てられている。ロシアの他の都市にあるレーニン像が頭の禿げた壮年の姿であるのに対し、カザン大学前にあるレーニン像は髪を蓄えた学生時代の若きレーニンの姿となっている。大学付属図書館は、東洋学関係の膨大な文献資料が所蔵されている。
rdfs:label
  • カザン大学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:school of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:出身校 of
is foaf:primaryTopic of