Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カウンターカルチャーとは、既存の・主流の・体制的な文化に対抗する文化(対抗文化)という意味である。1960年代後半〜70年代前半にかけてよく使われた。狭義にはヒッピー文化や、1969年のウッドストックに代表されるような当時のロック音楽を差すものである。海外のカウンターカルチャーの代表的なロック・ミュージシャンとしては、ジョン・レノン、ニール・ヤング、ボブ・ディラン、グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレインなどが挙げられる。日本国内のカウンターカルチャーを象徴する人物としては、若松孝二、大島渚、寺山修司、松田英子らがいた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 37332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2088 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57847273 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カウンターカルチャーとは、既存の・主流の・体制的な文化に対抗する文化(対抗文化)という意味である。1960年代後半〜70年代前半にかけてよく使われた。狭義にはヒッピー文化や、1969年のウッドストックに代表されるような当時のロック音楽を差すものである。海外のカウンターカルチャーの代表的なロック・ミュージシャンとしては、ジョン・レノン、ニール・ヤング、ボブ・ディラン、グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレインなどが挙げられる。日本国内のカウンターカルチャーを象徴する人物としては、若松孝二、大島渚、寺山修司、松田英子らがいた。
rdfs:label
  • カウンターカルチャー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of