Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オーランチニジン(Aurantinidin)は、水溶性の赤色の植物性染料である。アントシアニンとして知られる化合物群の一つであり、ペラルゴニジンのヒドロキシ誘導体である。オーランチニジンは、Impatients aurantiaca (Balsaminacea)、アルストロメリア属の栽培品種において生成すると報告されている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 2-(4-ヒドロキシフェニル)クロメニリウム-3,5,6,7-テトロール
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1670654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47308349 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Aurantinidin2.svg
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • オーランチニジン(Aurantinidin)は、水溶性の赤色の植物性染料である。アントシアニンとして知られる化合物群の一つであり、ペラルゴニジンのヒドロキシ誘導体である。オーランチニジンは、Impatients aurantiaca (Balsaminacea)、アルストロメリア属の栽培品種において生成すると報告されている。
rdfs:label
  • オーランチニジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 6-ヒドロキシペラルゴニジン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of