Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オーラ(英語:aura) とは、生体が発散するとされる霊的な放射体、エネルギーを意味する。転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指す。現代日本では、人間の存在感や風格がある様子を指して「オーラがある」と表現することがある。単に「人間の雰囲気」という意味でも使われる。ドイツの思想家であるヴァルター・ベンヤミンは、「複製技術時代の芸術作品」などの論文で、複製ではないオリジナルの芸術に人が見出す権威、崇高さとして、「アウラ」(オーラ)という言葉を用いている。超心理学やスピリチュアルの分野では、オーラとは、宗教芸術における後光や光背のように、人や物体を取り巻く微妙に輝く層であるとされる。このようなオーラの描写は、しばしばその人物が特別な力や神聖さを持つことを暗示している。宗教や神智学においては、聖人の光背やアストラル体を解明する鍵として研究された全ての物体や生物がオーラを発しており、生来の超能力者または訓練によって感知できるとされ、インド神話における第三の目なども関連付けられる。人間の性格の特徴とオーラの各層の色に関連があるとする記述も見られる生体から層をなして発散される電磁粒子の層であり、これが生命エネルギーであるとする疑似科学的な見解もある。また、人間を取り巻く思考や感情の地図として描写されることもある。宗教哲学博士ロバート・キャロルは、脳の共感覚や癲癇(てんかん)、偏頭痛、精神異常発現薬(サイケデリック・ドラッグ)、LSD (薬物) の影響で感知されると述べている 。他に原因として、視覚系の異常、眼精疲労、発作の前兆(アウラ (医学用語))が挙げられている。ロンドン大学キングスカレッジの北村紗衣は、誠実なオカルト批判を行おうとするあまり、オーラなどというものはみな妄言か捏造であると攻撃する論者がいるが、感覚のマイノリティである共感覚など、先天的な脳機能の違いで人に色や形を感じる者が実際にいる以上、オーラをすべて虚偽とする批判は妥当とは言えないであろうし、また医者や学者が最新の科学的知見を知らずにオカルト批判を行うことは、批判の有効性を低減させると指摘している。上記のほかに、精神医学においては、アウラ(オーラ)は、かつては癲癇発作の前ぶれを表す言葉として用いられた。現在では、発作の前兆とされたものは、部分発作そのものと考えられている。オーラという言葉は、「やさしい風」「そよ風」を意味するギリシア語「アヴラ (αύρα )」、「風」「香気」「輝き」「息を優しく吹く」などを意味するラテン語の「アウラ(aura)」に由来する。英語としてはやや文語的な表現である。漢字表記では「奥拉」となる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 780830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57544947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:postText
  • によって
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オーラ(英語:aura) とは、生体が発散するとされる霊的な放射体、エネルギーを意味する。転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指す。現代日本では、人間の存在感や風格がある様子を指して「オーラがある」と表現することがある。単に「人間の雰囲気」という意味でも使われる。ドイツの思想家であるヴァルター・ベンヤミンは、「複製技術時代の芸術作品」などの論文で、複製ではないオリジナルの芸術に人が見出す権威、崇高さとして、「アウラ」(オーラ)という言葉を用いている。超心理学やスピリチュアルの分野では、オーラとは、宗教芸術における後光や光背のように、人や物体を取り巻く微妙に輝く層であるとされる。このようなオーラの描写は、しばしばその人物が特別な力や神聖さを持つことを暗示している。宗教や神智学においては、聖人の光背やアストラル体を解明する鍵として研究された全ての物体や生物がオーラを発しており、生来の超能力者または訓練によって感知できるとされ、インド神話における第三の目なども関連付けられる。人間の性格の特徴とオーラの各層の色に関連があるとする記述も見られる生体から層をなして発散される電磁粒子の層であり、これが生命エネルギーであるとする疑似科学的な見解もある。また、人間を取り巻く思考や感情の地図として描写されることもある。宗教哲学博士ロバート・キャロルは、脳の共感覚や癲癇(てんかん)、偏頭痛、精神異常発現薬(サイケデリック・ドラッグ)、LSD (薬物) の影響で感知されると述べている 。他に原因として、視覚系の異常、眼精疲労、発作の前兆(アウラ (医学用語))が挙げられている。ロンドン大学キングスカレッジの北村紗衣は、誠実なオカルト批判を行おうとするあまり、オーラなどというものはみな妄言か捏造であると攻撃する論者がいるが、感覚のマイノリティである共感覚など、先天的な脳機能の違いで人に色や形を感じる者が実際にいる以上、オーラをすべて虚偽とする批判は妥当とは言えないであろうし、また医者や学者が最新の科学的知見を知らずにオカルト批判を行うことは、批判の有効性を低減させると指摘している。上記のほかに、精神医学においては、アウラ(オーラ)は、かつては癲癇発作の前ぶれを表す言葉として用いられた。現在では、発作の前兆とされたものは、部分発作そのものと考えられている。オーラという言葉は、「やさしい風」「そよ風」を意味するギリシア語「アヴラ (αύρα )」、「風」「香気」「輝き」「息を優しく吹く」などを意味するラテン語の「アウラ(aura)」に由来する。英語としてはやや文語的な表現である。漢字表記では「奥拉」となる。
rdfs:label
  • オーラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of