Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314 (285d) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したオーボエ協奏曲である。古今東西のオーボエ協奏曲の中でもとりわけ有名で、オーボエ奏者のプロオーケストラの入団試験の際に必ずと言って良いほど演奏される楽曲である。楽譜が発見されて以来、同じケッヘル番号が与えられているフルート協奏曲第2番の原曲と見なされているが、これには疑問も示されている(後述)。モーツァルトは1778年頃にもヘ長調のオーボエ協奏曲K.293 (416f)を作曲しているが、こちらは70小節のみで放棄された未完成の楽曲である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1053798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54537619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314 (285d) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したオーボエ協奏曲である。古今東西のオーボエ協奏曲の中でもとりわけ有名で、オーボエ奏者のプロオーケストラの入団試験の際に必ずと言って良いほど演奏される楽曲である。楽譜が発見されて以来、同じケッヘル番号が与えられているフルート協奏曲第2番の原曲と見なされているが、これには疑問も示されている(後述)。モーツァルトは1778年頃にもヘ長調のオーボエ協奏曲K.293 (416f)を作曲しているが、こちらは70小節のみで放棄された未完成の楽曲である。
rdfs:label
  • オーボエ協奏曲 (モーツァルト)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of