Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オーバードース(drug overdose)とは、身体あるいは精神にとって、急性の有害な作用が生じる程の量によって薬物が使用されることである。それによって一時的、あるいは永続的な影響があり、最悪は死亡することがある。略称は、ODで、服用量のdoseと、過剰・超過を意味するoverの複合語である。過剰摂取、過量服薬と訳される。アメリカでの調査では薬物による死亡は意図的でない死亡が多く、処方せん医薬品によるものが過半数である。意図的な過剰摂取は、自殺企図を意味することがある。数では違法な薬物よりも、合法的な薬物におけるほうが多い。危険性が高いのは、特にヘロインやモルヒネのような鎮痛薬、アンフェタミン、アルコール、ベンゾジアゼピン系の医薬品や、これらが同時に摂取された場合である。それらは作用する量と致死量が近い薬物である。逆に、大麻やLSDでは安全係数が高く、重症例はほとんどない。近年、医師から処方された向精神薬を過量服薬する例が相次いでいる。日本で精神科の患者に対する多剤大量処方が問題となり、2012年の閣議決定で薬剤師の活用が提起されたが、2014年度からは一定数を超えた処方の診療報酬が減額することとなった。日本で2010年に原因不明の死亡を司法解剖した約3,000人から、医薬品(841人、28%)やアルコール(22%)の検出が多く、医薬品の内訳は睡眠薬(306人、10%)、精神神経用薬(10%)である。英米では医薬品の過剰摂取による死亡は、国際的な懸念となっている。アメリカでは、11年連続で過剰摂取による死亡が上昇し、2010年にはアルコール以外に38,329人の薬物過剰摂取による死亡があり、死亡の原因となっている薬物は一般医薬品や違法薬物ではなく、処方せん医薬品が原因となっているものが過半数を超えている。そのうち、鎮痛剤に使われるオピオイド系薬物の関与が16,651人で最多、鎮静催眠剤であるベンゾジアゼピン系薬物が6,497人で第2位、3位に抗うつ薬が3,889人と続く。アメリカで特に死亡者の多いオピオイド系鎮痛薬による死亡者数は、医療大麻が合法化された州では減少している。
dbpedia-owl:commonName
  • オーバードース
dbpedia-owl:icd10
  • T36-T50
dbpedia-owl:icd9
  • -
  • 960
  • 979
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 285273 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59089611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:diseasesdb
  • 3971 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • 960 (xsd:integer)
  • 979 (xsd:integer)
  • -
  • T36-T50
prop-ja:name
  • オーバードース
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • オーバードース(drug overdose)とは、身体あるいは精神にとって、急性の有害な作用が生じる程の量によって薬物が使用されることである。それによって一時的、あるいは永続的な影響があり、最悪は死亡することがある。略称は、ODで、服用量のdoseと、過剰・超過を意味するoverの複合語である。過剰摂取、過量服薬と訳される。アメリカでの調査では薬物による死亡は意図的でない死亡が多く、処方せん医薬品によるものが過半数である。意図的な過剰摂取は、自殺企図を意味することがある。数では違法な薬物よりも、合法的な薬物におけるほうが多い。危険性が高いのは、特にヘロインやモルヒネのような鎮痛薬、アンフェタミン、アルコール、ベンゾジアゼピン系の医薬品や、これらが同時に摂取された場合である。それらは作用する量と致死量が近い薬物である。逆に、大麻やLSDでは安全係数が高く、重症例はほとんどない。近年、医師から処方された向精神薬を過量服薬する例が相次いでいる。日本で精神科の患者に対する多剤大量処方が問題となり、2012年の閣議決定で薬剤師の活用が提起されたが、2014年度からは一定数を超えた処方の診療報酬が減額することとなった。日本で2010年に原因不明の死亡を司法解剖した約3,000人から、医薬品(841人、28%)やアルコール(22%)の検出が多く、医薬品の内訳は睡眠薬(306人、10%)、精神神経用薬(10%)である。英米では医薬品の過剰摂取による死亡は、国際的な懸念となっている。アメリカでは、11年連続で過剰摂取による死亡が上昇し、2010年にはアルコール以外に38,329人の薬物過剰摂取による死亡があり、死亡の原因となっている薬物は一般医薬品や違法薬物ではなく、処方せん医薬品が原因となっているものが過半数を超えている。そのうち、鎮痛剤に使われるオピオイド系薬物の関与が16,651人で最多、鎮静催眠剤であるベンゾジアゼピン系薬物が6,497人で第2位、3位に抗うつ薬が3,889人と続く。アメリカで特に死亡者の多いオピオイド系鎮痛薬による死亡者数は、医療大麻が合法化された州では減少している。
rdfs:label
  • オーバードース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:deathCause of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:死因 of
is foaf:primaryTopic of