Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オードナンス BLC 15ポンド砲(Ordnance BLC 15 pounder gun)は、旧式化したオードナンス BL 15ポンド砲の砲身上側に駐退機を追加し、発射速度を上げた近代化バージョン。当時最新であったQF 18ポンド砲の配備にはコストがかかるため、国防義勇部隊(Territorial Force )砲兵旅団に、比較的近代的な野砲を供給するために開発された。第一次世界大戦を扱った文章では、この砲を「15ポンド砲」と呼ぶことが多いが、同じ砲弾を使用するオードナンス BL 15ポンド砲との混乱もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2588371 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58421674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:breech
  • 段隔螺式尾栓
prop-ja:carriage
  • 車輪付き、箱型式脚(ボックストレイル型)
prop-ja:cartridge
prop-ja:elevation
  • -9 (xsd:integer)
prop-ja:isArtillery
  • yes
prop-ja:isExplosive
  • yes
prop-ja:isUk
  • yes
prop-ja:name
  • オードナンス BLC 15ポンド砲
prop-ja:number
  • 536 (xsd:integer)
prop-ja:origin
  • イギリス
prop-ja:partLength
  • ボア長:
prop-ja:recoil
  • 水圧・スプリング式:
prop-ja:service
  • 1907 (xsd:integer)
prop-ja:traverse
  • 左右2°
prop-ja:type
prop-ja:usedBy
prop-ja:wars
prop-ja:weight
  • 総重量:
  • 砲身及び尾栓:;
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オードナンス BLC 15ポンド砲(Ordnance BLC 15 pounder gun)は、旧式化したオードナンス BL 15ポンド砲の砲身上側に駐退機を追加し、発射速度を上げた近代化バージョン。当時最新であったQF 18ポンド砲の配備にはコストがかかるため、国防義勇部隊(Territorial Force )砲兵旅団に、比較的近代的な野砲を供給するために開発された。第一次世界大戦を扱った文章では、この砲を「15ポンド砲」と呼ぶことが多いが、同じ砲弾を使用するオードナンス BL 15ポンド砲との混乱もある。
rdfs:label
  • オードナンス BLC 15ポンド砲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of