Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オートノミズムまたはアウトノミズム(英:Autonomism、自治主義、自律主義)は、政治思想の分野では、社会主義などの思想や運動の1つである。オートノミズムの主な理論体系は、最初は1960年代にイタリアの労働者主義共産主義から生まれ、後にシチュアシオニスト・インターナショナル(SI)の影響でポストマルクス主義やアナキズムの傾向ともなり、1970年代のイタリアの極左運動の失敗後、アントニオ・ネグリなど多数の重要な理論家が生まれた。これらはドイツのオートノミズム主義者や、世界規模のSocial Centre movementに影響を与えた。今日ではイタリア、フランス、英語圏の一部などに影響を持つ。オートノミストは自分自身を、マルクス主義からポスト構造主義やアナキズムへの変化と説明する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2134592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48542344 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オートノミズムまたはアウトノミズム(英:Autonomism、自治主義、自律主義)は、政治思想の分野では、社会主義などの思想や運動の1つである。オートノミズムの主な理論体系は、最初は1960年代にイタリアの労働者主義共産主義から生まれ、後にシチュアシオニスト・インターナショナル(SI)の影響でポストマルクス主義やアナキズムの傾向ともなり、1970年代のイタリアの極左運動の失敗後、アントニオ・ネグリなど多数の重要な理論家が生まれた。これらはドイツのオートノミズム主義者や、世界規模のSocial Centre movementに影響を与えた。今日ではイタリア、フランス、英語圏の一部などに影響を持つ。オートノミストは自分自身を、マルクス主義からポスト構造主義やアナキズムへの変化と説明する。
rdfs:label
  • オートノミズム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:philosophicalSchool of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ideology of
is prop-ja:schoolTradition of
is foaf:primaryTopic of