Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オーストラリア緑の党(オーストラリアみどりのとう、The Australian Greens, 愛称:The Greens)は、オーストラリアの緑の党である。国際的にはグローバルグリーンズに加盟している。オーストラリア東部では、1980年代のタスマニア州のフランクリン・ダム (en:Franklin Dam) 反対運動に、西オーストラリア州では、核兵器削減に関する関心が同党の起源である。同党の政治基盤は環境保護から平和運動、草の根民主主義、社会正義に拡大している。同党の歴史は「連合タスマニアグループ」(en:United Tasmania Group, UTG) にさかのぼる。これは世界初の緑の党であった。1972年の選挙に立候補した。同グループの参加者はタスマニア緑の党 (en:Tasmanian Greens) を結成した。同党の州上院(当時)議員ボブ・ブラウンおよび当時現職の西オーストラリア緑の党 (en:Greens Western Australia) ディー・マーゲッツ (en:Dee Margetts) は1996年の連邦選挙後、初のオーストラリア緑の党の上院議員となった。2007年11月の時点で、同党の連邦上院議員は4人おり、連邦下院にはいない。2010年の連邦選挙では躍進し、非改選分と合わせ連邦上院は9人、連邦下院でも1議席の獲得が見込まれている。オーストラリア緑の党は6州と2特別地域の緑の党の連合体である。連邦党首はボブ・ブラウンである。捕鯨に対しては断固とした対応を望んでおり、シーシェパードを支持している。2010年シーシェパードのピーター・ベスーンが、日本の監視船に衝突して逮捕されたのを受け、ブラウン党首は「私たちの知っているような陪審制度がない。ベスーン氏の解放を求める国際キャンペーンが行われるだろう。次第に静まるだろうとオーストラリアやニュージーランド当局が考えたとしても、そうはいかない」と述べた。また、豪連邦警察がスティーブ・アーウィン号の捜索を行ったことについて「豪政府は日本からの圧力につぶれた」と強く非難した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1251269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54837162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オーストラリア緑の党(オーストラリアみどりのとう、The Australian Greens, 愛称:The Greens)は、オーストラリアの緑の党である。国際的にはグローバルグリーンズに加盟している。オーストラリア東部では、1980年代のタスマニア州のフランクリン・ダム (en:Franklin Dam) 反対運動に、西オーストラリア州では、核兵器削減に関する関心が同党の起源である。同党の政治基盤は環境保護から平和運動、草の根民主主義、社会正義に拡大している。同党の歴史は「連合タスマニアグループ」(en:United Tasmania Group, UTG) にさかのぼる。これは世界初の緑の党であった。1972年の選挙に立候補した。同グループの参加者はタスマニア緑の党 (en:Tasmanian Greens) を結成した。同党の州上院(当時)議員ボブ・ブラウンおよび当時現職の西オーストラリア緑の党 (en:Greens Western Australia) ディー・マーゲッツ (en:Dee Margetts) は1996年の連邦選挙後、初のオーストラリア緑の党の上院議員となった。2007年11月の時点で、同党の連邦上院議員は4人おり、連邦下院にはいない。2010年の連邦選挙では躍進し、非改選分と合わせ連邦上院は9人、連邦下院でも1議席の獲得が見込まれている。オーストラリア緑の党は6州と2特別地域の緑の党の連合体である。連邦党首はボブ・ブラウンである。捕鯨に対しては断固とした対応を望んでおり、シーシェパードを支持している。2010年シーシェパードのピーター・ベスーンが、日本の監視船に衝突して逮捕されたのを受け、ブラウン党首は「私たちの知っているような陪審制度がない。ベスーン氏の解放を求める国際キャンペーンが行われるだろう。次第に静まるだろうとオーストラリアやニュージーランド当局が考えたとしても、そうはいかない」と述べた。また、豪連邦警察がスティーブ・アーウィン号の捜索を行ったことについて「豪政府は日本からの圧力につぶれた」と強く非難した。
rdfs:label
  • オーストラリア緑の党
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:職名 of
is foaf:primaryTopic of