Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オーガスタス・オウスリー・スタンレー(英: Augustus Owsley Stanley、1867年5月21日 - 1958年8月12日)は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第38代ケンタッキー州知事とアメリカ合衆国上院議員および同下院議員を務めた。1903年から1915年はケンタッキー州第2選挙区を代表してアメリカ合衆国下院議員となり、進歩的改革者としての評判を勝ちえた。1904年からはアメリカン・タバコ・カンパニーの反トラスト法に関わる捜査を要求し、その地区のタバコ農家の生産価格を低下させる独占だと主張した。その捜査の結果として、1911年にアメリカ合衆国最高裁判所からアメリカン・タバコ・カンパニーを解体する命令が出された。スタンレーはUSスチールの反トラスト法捜査を行う委員会の議長も務め、全国的な名声を得た。スタンレーの考えの多くがクレイトン反トラスト法に組み込まれた。1914年のアメリカ合衆国上院議員選挙では、反禁酒法の姿勢を選んだ。この問題は10年間以上もその政歴の中心課題となり、州民主党の禁酒法推進派の指導者であるJ・C・W・ベッカムと対立した。1915年、州知事選挙に出馬し、親友であるエドウィン・P・モローを僅か400票余の差で破った。ケンタッキー州知事選挙の歴史でも最小票差になっている。歴史家のローウェル・H・ハリソンはスタンレーの政権を、ケンタッキー州における進歩主義時代の絶頂期だと言った。その任期に採択された改革の中でも、州の反トラスト法、選挙資金改革法、労働者災害補償法が名高い。1918年、亡くなったばかりのアメリカ合衆国上院議員オリー・M・ジェイムズの後任として民主党候補に選ばれた。スタンレーは当選したが、州知事を続けていたので上院議員に就任したのは1919年5月になってからだった。上院議員としてはあまり目立った働きをしなかった。次の1924年の選挙では共和党のフレデリック・M・サケットに大敗して落選し、その後も選挙では勝てなかった。1958年8月12日にワシントンD.C.で死去した。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3004846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 90 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55791174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:almaMater
  • センター・カレッジ
  • ケンタッキー農業機械大学
prop-ja:alongside
prop-ja:alt
  • A black and white image of a bald man in his fifties wearing a suit
prop-ja:alternativeNames
  • Stanley, Augustus O.
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
  • ケンタッキー州シェルビービル
prop-ja:bot
  • H3llBot
prop-ja:class
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • March 2012
prop-ja:dateOfBirth
  • May 21, 1867
prop-ja:dateOfDeath
  • August 12, 1958
prop-ja:deathDate
  • 1958-08-12 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
prop-ja:district
  • 2 (xsd:integer)
  • 第2選挙区
prop-ja:jr/sr
  • アメリカ合衆国上院議員
prop-ja:lieutenant
  • ジェイムズ・D・ブラック
prop-ja:name
  • Augustus O. Stanley I
  • Stanley, Augustus Owsley
  • オーガスタス・オウスリー・スタンレー
prop-ja:office
  • ケンタッキー州知事
prop-ja:order
  • 第38代
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
  • Shelbyville, Kentucky, United States
prop-ja:placeOfDeath
  • Washington, D.C., United States
prop-ja:preceded
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
  • 弁護士
prop-ja:religion
prop-ja:shortDescription
  • American state and federal politician
prop-ja:signature
  • Augustus Owsley Stanley Signature.svg
prop-ja:signatureAlt
  • A. O. Stanley
prop-ja:spouse
  • スー・ソーパー
prop-ja:state
prop-ja:succeeded
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --03-03
  • --05-19
prop-ja:termStart
  • --03-04
  • --05-19
  • --12-07
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1903 (xsd:integer)
  • 1915 (xsd:integer)
  • 1919 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • オーガスタス・オウスリー・スタンレー(英: Augustus Owsley Stanley、1867年5月21日 - 1958年8月12日)は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第38代ケンタッキー州知事とアメリカ合衆国上院議員および同下院議員を務めた。1903年から1915年はケンタッキー州第2選挙区を代表してアメリカ合衆国下院議員となり、進歩的改革者としての評判を勝ちえた。1904年からはアメリカン・タバコ・カンパニーの反トラスト法に関わる捜査を要求し、その地区のタバコ農家の生産価格を低下させる独占だと主張した。その捜査の結果として、1911年にアメリカ合衆国最高裁判所からアメリカン・タバコ・カンパニーを解体する命令が出された。スタンレーはUSスチールの反トラスト法捜査を行う委員会の議長も務め、全国的な名声を得た。スタンレーの考えの多くがクレイトン反トラスト法に組み込まれた。1914年のアメリカ合衆国上院議員選挙では、反禁酒法の姿勢を選んだ。この問題は10年間以上もその政歴の中心課題となり、州民主党の禁酒法推進派の指導者であるJ・C・W・ベッカムと対立した。1915年、州知事選挙に出馬し、親友であるエドウィン・P・モローを僅か400票余の差で破った。ケンタッキー州知事選挙の歴史でも最小票差になっている。歴史家のローウェル・H・ハリソンはスタンレーの政権を、ケンタッキー州における進歩主義時代の絶頂期だと言った。その任期に採択された改革の中でも、州の反トラスト法、選挙資金改革法、労働者災害補償法が名高い。1918年、亡くなったばかりのアメリカ合衆国上院議員オリー・M・ジェイムズの後任として民主党候補に選ばれた。スタンレーは当選したが、州知事を続けていたので上院議員に就任したのは1919年5月になってからだった。上院議員としてはあまり目立った働きをしなかった。次の1924年の選挙では共和党のフレデリック・M・サケットに大敗して落選し、その後も選挙では勝てなかった。1958年8月12日にワシントンD.C.で死去した。
rdfs:label
  • オーガスタス・スタンレー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of