Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オレゴン州の歴史(おれごんしゅうのれきし、英:History of Oregon)では、アメリカ合衆国太平洋岸北西部に位置するオレゴン州となった地域の人類の歴史と社会活動を概説する。その歴史は大きく5つの段階に分けられる。すなわち、地質時代、先住民族が住んだ時代、ヨーロッパ人が探検した時代(主に毛皮交易業者)、パイオニアによる開拓の時代、および現代の発展である。「オレゴン」という言葉は3つの段階で使われている。まずオレゴン・カントリーはアメリカ人、イギリス人、およびその他の国々の人々によって探検された広大な地域を指しており(カナダ人には一般にコロンビア地区と呼ばれていた)、次のオレゴン準州はオレゴン条約によってこの地域の主権が確立された2年後にアメリカ合衆国が創設したものであり、最後に現代のオレゴン州がある(コロンビア川の古名でもあった)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1577337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11907 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47123083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オレゴン州の歴史(おれごんしゅうのれきし、英:History of Oregon)では、アメリカ合衆国太平洋岸北西部に位置するオレゴン州となった地域の人類の歴史と社会活動を概説する。その歴史は大きく5つの段階に分けられる。すなわち、地質時代、先住民族が住んだ時代、ヨーロッパ人が探検した時代(主に毛皮交易業者)、パイオニアによる開拓の時代、および現代の発展である。「オレゴン」という言葉は3つの段階で使われている。まずオレゴン・カントリーはアメリカ人、イギリス人、およびその他の国々の人々によって探検された広大な地域を指しており(カナダ人には一般にコロンビア地区と呼ばれていた)、次のオレゴン準州はオレゴン条約によってこの地域の主権が確立された2年後にアメリカ合衆国が創設したものであり、最後に現代のオレゴン州がある(コロンビア川の古名でもあった)。
rdfs:label
  • オレゴン州の歴史
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of