Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オレグ(古東スラブ語:Олег、古ノルド語:Helgi、生年不詳 - 912年/922年)は、10世紀初めルーシの一部または全部を支配したヴァリャーグの公(または王)。ルーシの都をノヴゴロドからキエフに移し、キエフ・ルーシの礎を築いた。また東ローマ帝国の都コンスタンティノポリスを少なくとも一度は襲撃した。『原初年代記』の記述によると、882年から912年までキエフ・ルーシの大公位にあったとされるが、ロマノス1世レカペノスの在位中であった940年代後半のHLGWという名のカガンの活動について触れたシェヒター文書など、他の史料との相違点から、オレグの没年や在位期に疑問を投げかける研究者もいる。リューリク朝、特にリューリクの子イーゴリとの関係がどのようなものだったかについては、歴史家の間で様々な意見がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1004353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58211410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • オレグ
prop-ja:出生日
  • 不詳
prop-ja:君主号
  • キエフ大公
prop-ja:在位
  • 879 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬日
prop-ja:死亡日
  • 912 (xsd:integer)
prop-ja:王朝
prop-ja:画像
  • Oleg of Novgorod.jpg
prop-ja:画像説明
  • 『ノヴゴロド公オレーグ』(ヴァスネツォフ画)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オレグ(古東スラブ語:Олег、古ノルド語:Helgi、生年不詳 - 912年/922年)は、10世紀初めルーシの一部または全部を支配したヴァリャーグの公(または王)。ルーシの都をノヴゴロドからキエフに移し、キエフ・ルーシの礎を築いた。また東ローマ帝国の都コンスタンティノポリスを少なくとも一度は襲撃した。『原初年代記』の記述によると、882年から912年までキエフ・ルーシの大公位にあったとされるが、ロマノス1世レカペノスの在位中であった940年代後半のHLGWという名のカガンの活動について触れたシェヒター文書など、他の史料との相違点から、オレグの没年や在位期に疑問を投げかける研究者もいる。リューリク朝、特にリューリクの子イーゴリとの関係がどのようなものだったかについては、歴史家の間で様々な意見がある。
rdfs:label
  • オレグ (キエフ大公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of