Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オレカ (ORECA, Organisation Exploitation Competition Automobiles) は、フランスのレーシングチーム。1973年にAGSのマネージャーであったユーグ・ド・ショーナックが設立した。オレカは多くのカテゴリーで成功を収め、フォーミュラ3ではアラン・プロスト、ジャック・ラフィット、ジャン・アレジといったドライバーが同チームから出走、チームはフランスF3選手権のタイトルを11回獲得した。チームは90年代前半からスポーツカーレースやGTカーレースに集中し、フランススーパーツーリング選手権にはBMWのワークスチームとして参戦した。またFIA GT選手権やル・マン24時間レースにはGT2クラスにクライスラー・バイパー GTS-Rで参戦し、1991年にはマツダ・787Bで総合優勝を果たした。その他にもルノー・クリオ S1600でラリーにも参戦、氷上レースのアンドロス・トロフィーにアラン・プロストがトヨタ・カローラで出場もしている。近年ではルノーの支援を行いメガーヌV6でルノー・ユーロカップに参加、また2005年のル・マン24時間レースにはアウディ・フランスの支援を受けアウディ・R8で参戦した。その他にも2006年にはサリーン・S7Rでル・マン・シリーズに参戦した。チームのサリーン・S7Rはスパ・フランコルシャンで優勝している。オレカはダッジと共同でダッジ・バイパーの競技車両を開発し、2006年から2007年にかけてGT3カテゴリーで100以上のカスタマーが同車両を使用した。2008年にはマニファクチャラーとしてオレカ・01を開発。01はP1カテゴリー参戦のために開発され、デビュー戦の2009年のスパ1000kmレースに2台がエントリーした。2009年にはフォーミュラ・ル・マン用にFLM09を開発した。これはその名が意味するようにフォーミュラ・ル・マン・カップのみに使用される車両であったが、2010年にアメリカン・ル・マン・シリーズを含む他の3つの耐久シリーズへの参加も可能となり、LMPCクラスで参加することとなった。この考えは小規模チームが耐久レースに参加できる手頃なプラットフォームを入手できるようにするための物であった。オレカはカスタマー仕様のプジョー・908 HDi FAPの供給を受け、セミワークスとして2010年のル・マン24時間レースに参戦、また残りのル・マン・シリーズのレースにも参加し、アルガルヴェでは総合優勝、ファクトリーチームを抑えてタイトルを獲得した。2011年、オレカは2010年仕様のプジョー・908で、最新型のプジョー・908を破りセブリング12時間レースで優勝した。また、2011年の新レギュレーションに合わせた新型シャシー、オレカ・03を導入した。03はP1クラスに投入された01とは対照的に、P2クラスに投入された。2012年にはトヨタの新型LMP1車両、トヨタ・TS030 HYBRIDの運用チームに選ばれ、トヨタ・モータースポーツのサポートを受けてFIA 世界耐久選手権に参戦した。TS030 HYBRIDは高い戦闘能力を示した物の、ル・マン24時間では1台が事故に巻き込まれリタイア、もう一台も機械トラブルのため完走することはできなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 732816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59138262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オレカ (ORECA, Organisation Exploitation Competition Automobiles) は、フランスのレーシングチーム。1973年にAGSのマネージャーであったユーグ・ド・ショーナックが設立した。オレカは多くのカテゴリーで成功を収め、フォーミュラ3ではアラン・プロスト、ジャック・ラフィット、ジャン・アレジといったドライバーが同チームから出走、チームはフランスF3選手権のタイトルを11回獲得した。チームは90年代前半からスポーツカーレースやGTカーレースに集中し、フランススーパーツーリング選手権にはBMWのワークスチームとして参戦した。またFIA GT選手権やル・マン24時間レースにはGT2クラスにクライスラー・バイパー GTS-Rで参戦し、1991年にはマツダ・787Bで総合優勝を果たした。その他にもルノー・クリオ S1600でラリーにも参戦、氷上レースのアンドロス・トロフィーにアラン・プロストがトヨタ・カローラで出場もしている。近年ではルノーの支援を行いメガーヌV6でルノー・ユーロカップに参加、また2005年のル・マン24時間レースにはアウディ・フランスの支援を受けアウディ・R8で参戦した。その他にも2006年にはサリーン・S7Rでル・マン・シリーズに参戦した。チームのサリーン・S7Rはスパ・フランコルシャンで優勝している。オレカはダッジと共同でダッジ・バイパーの競技車両を開発し、2006年から2007年にかけてGT3カテゴリーで100以上のカスタマーが同車両を使用した。2008年にはマニファクチャラーとしてオレカ・01を開発。01はP1カテゴリー参戦のために開発され、デビュー戦の2009年のスパ1000kmレースに2台がエントリーした。2009年にはフォーミュラ・ル・マン用にFLM09を開発した。これはその名が意味するようにフォーミュラ・ル・マン・カップのみに使用される車両であったが、2010年にアメリカン・ル・マン・シリーズを含む他の3つの耐久シリーズへの参加も可能となり、LMPCクラスで参加することとなった。この考えは小規模チームが耐久レースに参加できる手頃なプラットフォームを入手できるようにするための物であった。オレカはカスタマー仕様のプジョー・908 HDi FAPの供給を受け、セミワークスとして2010年のル・マン24時間レースに参戦、また残りのル・マン・シリーズのレースにも参加し、アルガルヴェでは総合優勝、ファクトリーチームを抑えてタイトルを獲得した。2011年、オレカは2010年仕様のプジョー・908で、最新型のプジョー・908を破りセブリング12時間レースで優勝した。また、2011年の新レギュレーションに合わせた新型シャシー、オレカ・03を導入した。03はP1クラスに投入された01とは対照的に、P2クラスに投入された。2012年にはトヨタの新型LMP1車両、トヨタ・TS030 HYBRIDの運用チームに選ばれ、トヨタ・モータースポーツのサポートを受けてFIA 世界耐久選手権に参戦した。TS030 HYBRIDは高い戦闘能力を示した物の、ル・マン24時間では1台が事故に巻き込まれリタイア、もう一台も機械トラブルのため完走することはできなかった。
rdfs:label
  • オレカ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:constructor of
is prop-ja:コンストラクター of
is foaf:primaryTopic of