Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オル・チキ文字(オル・チキもじ、Ol Chiki )は1940年代にインド東部のサンタル人、ラグナート・ムルムにより、サンタル語を表記するために考え出された文字である。インドで一般的な音節文字(またはアブギダ)と違い、実質的なアルファベット(音素文字)である点が大きな特徴である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1868872 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2019 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55440066 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20110108105420 (xsd:double)
prop-ja:iso
  • Olck
prop-ja:languages
prop-ja:name
  • オル・チキ文字
prop-ja:sample
  • Ol_Chiki_script__2014-05-06_02-05.jpg
prop-ja:time
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • Last archive copy of James Kass' website
prop-ja:type
prop-ja:unicode
prop-ja:url
  • http://code2000.net/
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オル・チキ文字(オル・チキもじ、Ol Chiki )は1940年代にインド東部のサンタル人、ラグナート・ムルムにより、サンタル語を表記するために考え出された文字である。インドで一般的な音節文字(またはアブギダ)と違い、実質的なアルファベット(音素文字)である点が大きな特徴である。
rdfs:label
  • オル・チキ文字
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:script of
is foaf:primaryTopic of