Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オルドーニョ3世 (Ordoño III de León, 926年頃 - 956年)は、レオン王。ラミロ2世の子。彼の即位に対抗する異母弟サンチョを支持するナバーラとカスティーリャと対峙した。 彼はまた内部の反乱、アル・アンダルスのムーア人からの攻撃、ガリシアの反乱に対処しなければならなかった。イスラム教徒への対応として、955年にリスボンにまで兵を送っている。この大事件以前、イスラム教徒は和平のために何もしなかった。和平交渉は、レオン王とコルドバ太守アブド・アッラフマーン3世との間で締結された条約で終了した。彼は父が行ったように、領土の防衛強化、頑なで分離しようとするカスティーリャ伯フェルナン・ゴンサレスに対して王権を強化しようとした。彼はフェルナン・ゴンサレスの娘ウラカと結婚もした。しかし、のちにフェルナン・ゴンサレスとサンチョ王子の同盟が行われたことを理由に、ウラカを拒絶した。ウラカは少なくともオルドーニョ3世の子を2人生んだ。息子オルドーニョは早世し、娘テレサは尼僧となった。オルドーニョ3世はベルムード2世の父親であるが、彼がウラカの子か、オルドーニョ3世の愛妾の子か意見は分かれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2577444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47307474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オルドーニョ3世 (Ordoño III de León, 926年頃 - 956年)は、レオン王。ラミロ2世の子。彼の即位に対抗する異母弟サンチョを支持するナバーラとカスティーリャと対峙した。 彼はまた内部の反乱、アル・アンダルスのムーア人からの攻撃、ガリシアの反乱に対処しなければならなかった。イスラム教徒への対応として、955年にリスボンにまで兵を送っている。この大事件以前、イスラム教徒は和平のために何もしなかった。和平交渉は、レオン王とコルドバ太守アブド・アッラフマーン3世との間で締結された条約で終了した。彼は父が行ったように、領土の防衛強化、頑なで分離しようとするカスティーリャ伯フェルナン・ゴンサレスに対して王権を強化しようとした。彼はフェルナン・ゴンサレスの娘ウラカと結婚もした。しかし、のちにフェルナン・ゴンサレスとサンチョ王子の同盟が行われたことを理由に、ウラカを拒絶した。ウラカは少なくともオルドーニョ3世の子を2人生んだ。息子オルドーニョは早世し、娘テレサは尼僧となった。オルドーニョ3世はベルムード2世の父親であるが、彼がウラカの子か、オルドーニョ3世の愛妾の子か意見は分かれている。
rdfs:label
  • オルドーニョ3世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of