Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オリヴィア・デ・ハヴィランド(英: Olivia De Havilland、1916年7月1日 - )は、アメリカ合衆国の女優。女優としてのキャリア初期には清純な娘役を演じることが多かったが、キャリア後期には存在感のある重厚な役柄を演じている。デ・ハヴィランドはイギリス人の両親の間に日本で生まれた。妹のジョーン・フォンテインも日本の生まれで、デ・ハヴィランドと同じく女優の道に進んでいる。1919年に一家は日本を離れて故国イギリスへと向かったが、旅の途中で姉妹が病にかかったため滞在中のカリフォルニアに、母子だけがそのまま移住した。デ・ハヴィランドが出演した映画のなかでもっとも有名な作品として『風と共に去りぬ』(1939年)が挙げられる。映画作品ではエロール・フリンの相手役を演じることが多く、『ロビンフッドの冒険』(1938年)、『無法者の群 (en:Dodge City)』(1939年)、『カンサス騎兵隊 (en:Santa Fe Trail)』(1940年)、『壮烈第七騎兵隊』(1941年)など、8作品で共演している。デ・ハヴィランドは『遥かなる我が子』(1946年)と『女相続人』(1949年)で、アカデミー主演女優賞を2度受賞している。妹のジョーン・フォンテインも『断崖』(1941年)でアカデミー主演女優賞を受賞しており、2013年現在時点でアカデミー主演賞を獲得した唯一の兄弟姉妹となっている。アカデミー賞のほかにデ・ハヴィランドは『蛇の穴』(1948年)でナショナル・ボード・オブ・レビュー主演女優賞、ニューヨーク映画批評家協会賞主演女優賞、ナストロ・ダルジェント賞最優秀外国女優賞、ヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞している。また、ゴールデングローブ賞では『女相続人』(1949年)で主演女優賞(ドラマ部門)を、『アナスタシア/光・ゆらめいて』(1986年)で助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)をそれぞれ受賞している。1960年には、それまでの映画界への貢献が讃えられてハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにプレートが設置された。2008年には当時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュから、芸術分野の顕彰としてはアメリカ最高位の国家芸術メダル (en:National Medal of Arts) が贈られている。
dbpedia-owl:academyAward
dbpedia-owl:birthYear
  • 1916-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:goldenGlobeAward
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 477816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 39236 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59157876 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 46170 (xsd:integer)
  • 67261 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Olivia de Havilland
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
prop-ja:ふりがな
  • Olivia De Havilland
prop-ja:アカデミー賞
  • 1946 (xsd:integer)
  • 1949 (xsd:integer)
  • 主演女優賞
prop-ja:ゴールデングローブ賞
  • 1949 (xsd:integer)
  • 1986 (xsd:integer)
  • 主演女優賞(ドラマ部門)
  • 助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)
prop-ja:主な作品
  • 『女相続人』(1949年)
  • 『遥かなる我が子』(1946年)
  • 『風と共に去りぬ』(1939年)
prop-ja:出生地
  • 、東京府
prop-ja:本名
  • Olivia Mary de Havilland
prop-ja:活動期間
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1916 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Olivia DeHavilland-2.JPG
prop-ja:職業
  • 女優
prop-ja:芸名
  • オリヴィア・デ・ハヴィランド
prop-ja:著名な家族
prop-ja:配偶者
  • ピエール・ギャラント(1955年 - 1979年)
  • マーカス・グッドリッチ(1946年 - 1953年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • オリヴィア・デ・ハヴィランド(英: Olivia De Havilland、1916年7月1日 - )は、アメリカ合衆国の女優。女優としてのキャリア初期には清純な娘役を演じることが多かったが、キャリア後期には存在感のある重厚な役柄を演じている。デ・ハヴィランドはイギリス人の両親の間に日本で生まれた。妹のジョーン・フォンテインも日本の生まれで、デ・ハヴィランドと同じく女優の道に進んでいる。1919年に一家は日本を離れて故国イギリスへと向かったが、旅の途中で姉妹が病にかかったため滞在中のカリフォルニアに、母子だけがそのまま移住した。デ・ハヴィランドが出演した映画のなかでもっとも有名な作品として『風と共に去りぬ』(1939年)が挙げられる。映画作品ではエロール・フリンの相手役を演じることが多く、『ロビンフッドの冒険』(1938年)、『無法者の群 (en:Dodge City)』(1939年)、『カンサス騎兵隊 (en:Santa Fe Trail)』(1940年)、『壮烈第七騎兵隊』(1941年)など、8作品で共演している。デ・ハヴィランドは『遥かなる我が子』(1946年)と『女相続人』(1949年)で、アカデミー主演女優賞を2度受賞している。妹のジョーン・フォンテインも『断崖』(1941年)でアカデミー主演女優賞を受賞しており、2013年現在時点でアカデミー主演賞を獲得した唯一の兄弟姉妹となっている。アカデミー賞のほかにデ・ハヴィランドは『蛇の穴』(1948年)でナショナル・ボード・オブ・レビュー主演女優賞、ニューヨーク映画批評家協会賞主演女優賞、ナストロ・ダルジェント賞最優秀外国女優賞、ヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞している。また、ゴールデングローブ賞では『女相続人』(1949年)で主演女優賞(ドラマ部門)を、『アナスタシア/光・ゆらめいて』(1986年)で助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)をそれぞれ受賞している。1960年には、それまでの映画界への貢献が讃えられてハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにプレートが設置された。2008年には当時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュから、芸術分野の顕彰としてはアメリカ最高位の国家芸術メダル (en:National Medal of Arts) が贈られている。
rdfs:label
  • オリヴィア・デ・ハヴィランド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Olivia De Havilland
  • Olivia Mary de Havilland
  • オリヴィア・デ・ハヴィランド
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:著名な家族 of
is foaf:primaryTopic of