Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オランダ南高速線(オランダ語:HSL Zuid)は、オランダとベルギーにわたるスキポール・アントウェルペン高速線(Hogesnelheidslijn Schiphol - Antwerpen)のオランダ側125kmの区間で、最高速度300km/h対応の高速新線である。(ベルギー側はHSL 4と呼ばれる)HSL-Zuidとは、オランダ語で「南高速線」(Hogesnelheidslijn Zuid, 英:Southern High-Speed Line)を意味する略称である。当初の開業は2007年に予定されていたが、公式の開業は2009年9月7日で、9月6日に開業祝典が行われている。アムステルダム・ロッテルダム間において新たな都市間列車フィーラが運行を開始されたが、当初予定されていた電車方式のV250形による運行は車両製造元のアンサルドブレーダの一部納入遅れのため、運行開始は2010年12月以降が想定されており、現在はリースされた、ボンバルディア・トランスポーテーション製造の電気機関車TRAXX牽引による在来型客車によって営業運転が行われている。V250形導入の際は、ハーグ、アントウェルペン、ブリュッセル方面へもフィーラの運行は拡大される。フィーラはオランダ鉄道(Nederlandse Spoorwegen)、KLM、ベルギー国鉄(NMBS)出資のオランダ高速鉄道により運行される。2009年12月13日の冬ダイヤ改正時より、アムステルダムからブリュッセル、パリへ向う高速列車タリスがHSL-Zuid経由に変更され、大幅な所要時間の短縮となった。当路線はシーメンスとアルカテル・ルーセントが供給した最高水準の列車保安装置であるETCS 2.3.0を利用するのが特徴である。タリスは概ね1時間に1本運行され、アムステダム・スキポール・ロッテルダム間とそれ以遠のシャトル列車が高頻度で運行されている。オランダ交通省の公共事業部門と治水部門がこの計画の組織に対して責任を持っている。オランダ政府はインフラスピード組合(the consortium Infraspeed)に2030年までの過去最大のPPP(公共サービス民間開放)契約を結んだ。それらは、設計、建設、金融、メンテナンスなどあらゆる分野に責任を負っている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1078682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57391769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オランダ南高速線(オランダ語:HSL Zuid)は、オランダとベルギーにわたるスキポール・アントウェルペン高速線(Hogesnelheidslijn Schiphol - Antwerpen)のオランダ側125kmの区間で、最高速度300km/h対応の高速新線である。(ベルギー側はHSL 4と呼ばれる)HSL-Zuidとは、オランダ語で「南高速線」(Hogesnelheidslijn Zuid, 英:Southern High-Speed Line)を意味する略称である。当初の開業は2007年に予定されていたが、公式の開業は2009年9月7日で、9月6日に開業祝典が行われている。アムステルダム・ロッテルダム間において新たな都市間列車フィーラが運行を開始されたが、当初予定されていた電車方式のV250形による運行は車両製造元のアンサルドブレーダの一部納入遅れのため、運行開始は2010年12月以降が想定されており、現在はリースされた、ボンバルディア・トランスポーテーション製造の電気機関車TRAXX牽引による在来型客車によって営業運転が行われている。V250形導入の際は、ハーグ、アントウェルペン、ブリュッセル方面へもフィーラの運行は拡大される。フィーラはオランダ鉄道(Nederlandse Spoorwegen)、KLM、ベルギー国鉄(NMBS)出資のオランダ高速鉄道により運行される。2009年12月13日の冬ダイヤ改正時より、アムステルダムからブリュッセル、パリへ向う高速列車タリスがHSL-Zuid経由に変更され、大幅な所要時間の短縮となった。当路線はシーメンスとアルカテル・ルーセントが供給した最高水準の列車保安装置であるETCS 2.3.0を利用するのが特徴である。タリスは概ね1時間に1本運行され、アムステダム・スキポール・ロッテルダム間とそれ以遠のシャトル列車が高頻度で運行されている。オランダ交通省の公共事業部門と治水部門がこの計画の組織に対して責任を持っている。オランダ政府はインフラスピード組合(the consortium Infraspeed)に2030年までの過去最大のPPP(公共サービス民間開放)契約を結んだ。それらは、設計、建設、金融、メンテナンスなどあらゆる分野に責任を負っている。
rdfs:label
  • オランダ南高速線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:servingRailwayLine of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:所属路線 of
is foaf:primaryTopic of