Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「オモ川下流域」は、エチオピアにあるユネスコ世界遺産のひとつ。エチオピア南西部にあたるこの地域からは、数百万年単位に及ぶ多くの種類の化石人骨が出土しており、そのことが登録理由となった。また、ここからはホモ・ハビリスが使用した約250万年前に遡る最古の打製石器も発見されている。1930年代にフランスの調査隊が発掘調査を行ったのが、この流域での最初の調査である。その後、数度にわたって発掘が行われた結果、アウストラロピテクス・エチオピクス、アウストラロピテクス・アファレンシス、アウストラロピテクス・アフリカヌス、アウストラロピテクス・ロブストゥス、アウストラロピテクス・ボイセイ、ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトゥス、ホモ・サピエンスなど、現生人類に直結するものだけでなく、枝分かれして絶滅したものも含め、様々な時代の様々な化石人骨が多数出土し、古人類学の研究上、極めて重要な一帯となっている。
dbpedia-owl:id
  • 17
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 940418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58094463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:country
  • エチオピア
prop-ja:criterionC
  • ,
prop-ja:enName
  • Lower Valley of the Omo
prop-ja:frName
  • Basse vallée de l'Omo
prop-ja:jaName
  • オモ川下流域
prop-ja:mapImg
  • 画像:LocMap of WH Omo.png
prop-ja:mapImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:rgYear
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:siteImg
  • Image:Omo_river_delta.jpg
prop-ja:siteImgCapt
  • オモ川のデルタ(衛星写真)
prop-ja:siteImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:urlNo
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「オモ川下流域」は、エチオピアにあるユネスコ世界遺産のひとつ。エチオピア南西部にあたるこの地域からは、数百万年単位に及ぶ多くの種類の化石人骨が出土しており、そのことが登録理由となった。また、ここからはホモ・ハビリスが使用した約250万年前に遡る最古の打製石器も発見されている。1930年代にフランスの調査隊が発掘調査を行ったのが、この流域での最初の調査である。その後、数度にわたって発掘が行われた結果、アウストラロピテクス・エチオピクス、アウストラロピテクス・アファレンシス、アウストラロピテクス・アフリカヌス、アウストラロピテクス・ロブストゥス、アウストラロピテクス・ボイセイ、ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトゥス、ホモ・サピエンスなど、現生人類に直結するものだけでなく、枝分かれして絶滅したものも含め、様々な時代の様々な化石人骨が多数出土し、古人類学の研究上、極めて重要な一帯となっている。
rdfs:label
  • オモ川下流域
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Basse vallée de l'Omo
  • Lower Valley of the Omo
  • オモ川下流域
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of